「伝説の名機『RB26DETT』誕生秘話」第二世代GT-RはV6エンジンの可能性もあった

「RB26DETT」は量産型レーシングエンジン!

BNR32のエンジンはV6だったかもしれない

チューニング界はもちろんのこと、レース界においても最強の名を欲しいままにしたRB26DETTというエンジン。直列6気筒ターボというスペックそのものは決して珍しくはないが、数々の伝説を生み出し続けている稀代の名ユニットだ。そんな名機が誕生した背景を、今から30年も前になるデビュー当時の記録と記憶から振り返ってみることにしよう。

第二世代GT-R(BNR32型)を誕生させるにあたり、日産は国内外のライバルを軽く凌駕するダントツの高性能を求めた。さらに、当時隆盛を極めていたグループAでの勝利、これもまたGT-Rが達成しなくてはならない絶対条件だった。

世界一のロードゴーイングカーの心臓であり、GT-Rの名に恥じない速さを身に付けるためには何よりもエンジンを決めなければ基本レイアウトが決まらない。だからこそ、RB26DETTの開発はGT-R復活(BNR32誕生)における大きなキーポイントに位置付けられ、当時の開発陣の中でも飛び切りのメンバーが集められることになったのである。

VG系でいくかRB系でいくか

当時の記録によると、GT-Rに搭載されるエンジンはノーマルの目標性能を300psクラスに定め、V型6気筒と直列6気筒のシリンダーレイアウトが異なる2種類で比較検討されたという。というのも、当時の日産にはV6のVG系と直6のRB系という2つのラインナップが存在していたため、どちらを選ぶことも可能だったからだ。

これら2つのエンジンをあらゆる角度から検討した結果、高回転域はクランクの短いV6が有利だが、バランスの良さと気持ち良いフィーリングなら直6にメリットがあると判断。さらに、グループAで勝つために必要となるターボ化にあたっても、V6は吸排気のデザインが難しく、直6の方がスペースに余裕がある。このような経緯から直6というシリンダーレイアウトが決定されたのだ。

次に排気量。エンジンの総排気量を決定するにあたって、最も大きなファクターとなったのはやはりグループAの存在だ。当時のグループAレギュレーションは排気量によって最低重量が変化し、日産ではレースで有利な最低重量となるのは2.3Lと2.6Lだと考えていた。

そして、ハコスカのような常勝マシンとなるためには600psクラスのパワーが必要であり、その出力を2.3Lの排気量から安定して引き出すのことは難しい。そうした理由から、必然的に2.6Lという排気量に決まったのである。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事