「ロータリーのプロが自分のために仕上げたFD3S」理想的すぎるストリートスペック!

Rマジック大原代表の拘りが詰め込まれたスペック

通勤から買い物までこなすプライベートカー

ここで紹介するのは何を隠そうロータリーチューンの老舗「Rマジック」大原代表の愛車。これ1台で、通勤から買い物まで何でもこなすというストリートスペックだ。

「ここ数年はパーツ開発を兼ねてRX-8や86に乗る機会が多かったんだけど、ひとりの“セブン・ファン”として毎日乗ることができる愛車が欲しかったの。それで、以前から持っていた4型をベースに、自分の好み最優先でコツコツ仕上げたんだ」と大原代表。ロータリーのプロであり、同時にロータリーの熱狂的なファンである男の拘りがギッシリ詰まっているというわけだ。

エクステリアは「セブンはレーシーなエアロ+シャコタンがカッコいい!」という大原代表の理想を具現化。

エアロパーツは、Rマジック製のフルエアロ&ワイドフェンダーを装着した上で、固定式ライトキットの「EYE’S」で個性を演出する。

そして車高については、シャコタンと実用性を両立するためにロベルタカップを導入。ロベルタカップは、スプリング上部に装着される本体とトランク内に設置されるコンプレッサー&エアタンクで構成され、スイッチ操作で瞬時に車高の上げ下げができるアイテムだ。

さらにインテリアは必要最低限なものだけを装着するシンプル路線。ただし、ドライビングポジションには拘りまくっていてシートは大好きなブリッド製に交換し、ステアリングもグリップ径やディープ具合を何度となくテストしたオリジナルモデルを装着している。

ニーレストに装着されたETCユニットがオシャレ。ここならドライビングの邪魔にならないしナイスアイディア!

一方のエンジンはライトチューン仕様となる。インタークーラーもノーマルのままなので、パワーは365psと控えめだが、自慢のパワーFCセッティングで乗りやすさは抜群だ。

排気系は、オリジナルリヤバンパーのアールに合わせてテールパイプの長さがアジャストされている「メイン85Φウルトラサイレントマフラーチタンテール」を装備。音質はロータリーらしく、音量は控えめ。デュアル出しが大原代表の好みにピッタリなのだ。

メニューとしてみると決して驚くような部分はないが、乗ってみるとコンセプト通りに「カッコよくて、楽しくて、使いやすい」。多くのFD3Sユーザーが求めているであろう、ひとつの理想形がこのマシンではないだろうか。

●取材協力:プロスタッフRマジック 神奈川県相模原市中央区田名3530-1 TEL:042-764-7077

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事