マクラーレン スピードテール、コンクール・デレガンスでベスト賞を獲得!

McLaren Speedtail

マクラーレン スピードテール

パリ郊外のシャンティイ城にマクラーレンが登場

6月30日、第5回「シャンティイ・アート&エレガンス・リシャール・ミル」がフランス・パリ郊外のシャンティイ城(Chateau de Chantilly)において開催された。

マクラーレン・オートモーティブは、最新モデルの「スピードテール」と「GT」をこのイベントに持ち込み一般公開を行った。イベント内で行われたコンクール・デレガンスには「スピードテール」が出展され、最高速度403km/hを誇るパフォーマンスの一端を披露している。

スピードテールが初めて国際的な賞を獲得

今回公開された「スピードテール」は、初採用となったシャンパンのような輝きを持つサラゴンクォーツのボディカラーに、フロントホイールカバー、スプリッター、ディフューザー、カウル、エンジンカバーなどにサテン仕上げのカーボン製パーツを取り入れた“コンターパック”を装着。

3シーターのコクピットは豪華なオックスフォードレザーとヌバックのインテリアの組み合わせとなり、中央のドライバーズシートは、シートバックに特注のキルティングパターンを採用。室内の金属パーツは光沢処理されたアルミニウムが使われている。

シャンティイ城を訪れたカーエンスージアストは、わずか106台が限定生産されてすべて予約済みとなっている「スピードテール」を間近で見られる貴重な機会を得ることになった。そして、当日行われたコンクール・デレガンスにおいて、審査員はこの素晴らしいスーパースポーツをベストショーに選出。これは「スピードテール」にとって初の国際的な賞の獲得となる。

McLaren GT

マクラーレン GT

デビュー直後の最新グランドツーリングがフランス初上陸

また、会場には今年デビューしたばかりの「GT」が持ち込まれ、フランスで初めてその美しいスタイルを披露した。足元にブラックダイヤモンドカットのアロイホイールを履き、オプションのパノラマエレクトロクロミックグラスルーフを装備した「GT」もまた、多くの観客から注目を集めている。

マクラーレン・オートモーティブのヨーロッパ担当マネージングディレクターを務めるデイビッド・ギルバートは、「スピードテール」のベストショー受賞に喜びを隠さない。

「『スピードテール』が審査員の皆さんによってベストショーに選ばれたことは、本当に大変な名誉です。 マクラーレンの開発チームは職人魂と現代的なデザインを融合させ、その中にピュアスポーツのDNAを込めることを追求してきました。そして、スーパースポーツと古城という美しさのハーモニーが、今回の賞を呼び込んだのだと考えています」

(GENROQ Web編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事