カプリやアマルフィを巡るツアー「フェラーリ・カヴァルケード」に100台を超える新旧フェラーリが集結

新旧100台、200名のフェラーリ・ファンが参加

世界中から100台を超えるフェラーリがイタリア南西部のカンパニアに集結し、第8回目となる「フェラーリ・カヴァルケード」が開催された。

「フェラーリ・カヴァルケード」は、フェラーリ・オーナーに特別な体験を提供するドライビングイベント。今回もポルトフィーノや488 ピスタ ピロタといった最近のモデルからエンツォ フェラーリやラ フェラーリ アペルタなどの限定スペチアーレまで、新旧様々なフェラーリが顔を揃えた。イタリアの魅力的なコースを走った参加者は、フェラーリのパフォーマンスを存分に堪能できたようだ。

今回、世界20ヵ国以上から200名以上がツアーに参加。その中にはヨーロッパ、米国、中東からの大グループだけでなく、遠く東アジアやオセアニアから足を運んだ熱心な参加者も含まれている。

アマルフィ海岸やヴェスヴィオ山を巡るルート

今回のルートにはカンパニア地方ならではの多彩な風景が待ち受けていた。参加者は各自のフェラーリをドライブし、アマルフィ海岸のほか、パルテニオ州立公園からヴェスヴィオ山のスロープ群に至るカンパニアの内陸部を巡り、そこに広がる唯一無二の景観を満喫している。

ツアーは6月18日にベネヴェントからスタートし、翌日はサレルノのウォーターフロントを経由、アマルフィ海岸のヘアピンカーブを抜けてソレントへと向かった。6月20日にはカゼルタ宮殿とナポリ中心地のプレビシート広場にも立ち寄っている。最終日となった4日目、ツアーはカプリからアナカプリに向けて車列を進めている。

「フェラーリ・カヴァルケード」の特別なプログラムと豪華なショーは、フェラーリ・オーナーだけのものではなく、現地の人々や旅行者の目も喜ばせていた。いく先々で、美しいフェラーリをカメラに収める姿が、そこかしこで見られたという。

(GENROQ Web編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事