「ポルシェ911 スピードスター」にも採用された、象徴的なデザインを甦らせるヘリテージ デザイン

Porsche 911 Speedster “Heritage Design Package”

ポルシェ911 スピードスター “ヘリテージ デザイン パッケージ”

第一弾は911スピードスターに採用

ポルシェのカスタマイズ部門であるポルシェ エクスクルーシブ マニュファクチャー(Porsche Exclusive Manufaktur)は、古典的なデザイン要素を現代に再解釈しようと試みている。現在展開しているヘリテージ・デザイン・ストラテジーは、1950〜1980年に製造されたポルシェ・モデルのアイコン的スタイルを最新モデルに落とし込んだものだ。

最新のスポーツカーテクノロジーを搭載したこれらのスペシャルモデルは、ポルシェが誇る歴史を参考にしながらエモーショナルなライフスタイルを表現している。

ポルシェが今年の4月にニューヨーク・オートショーで公開した、ヘリテージ・デザイン・パッケージを採用した「911スピードスター」がその第一弾となった。今後も同様のパッケージが限定でリリースされる予定で、スピードスターに採用されていたヘリテージ・デザイン・パッケージの一部は現行911でも選択することができる。

過去のデザイン要素を最新の技術と組み合わせる

エクスクルーシブ マニュファクチャー ビークルのディレクター、ボリス・アペンブリンクは、ヘリテージ・デザイン・パッケージについて以下のように説明した。

「私たちにとって、ブランドの価値を未来へと伝えることは非常に重要です。 ヘリテージ・デザインは、現代のハイブリッドカーやEVの革新的な技術を際立たせる効果も持ちます」

「ポルシェはデザインにおけるベンチマークを設定しました。現在では様々な時代の自動車がスタイルアイコンとなっています。 これらの象徴的なデザインを抽出し、ポルシェがその起源に忠実であり続けることを表現していくことになるでしょう」と、ポルシェ・デザインスタジオのヘッド・オブ・インテリアデザインのイボ-ヴァン・フルテンは付け加えた。

コーデュロイや千鳥格子柄など過去のデザインを復活

ヘリーテージ・デザインは、過去のモデルから特別なカラーや素材、装備をピックアップしている。特にインテリアにそれが顕著だ。たとえばコーデュロイや千鳥格子状のペピータ柄などは、現代的に解釈されたことで非常に斬新かつモダンな仕上がりとなった。

「ミュージアムに展示されているようなヒストリックカーの、まだ使われていなかった古いカラーと装備品からインスピレーションを受けて現在のデザインに取り入れました。特定のカラーや柄は特別な記憶を思い出させる効果もあります。それは現在のファッションやインテリアデザインにおいても顕著な傾向です。それこそが私たちの基本的な方針なのです」と、ヴァン・フルテン。

2020年に発表されるヘリテージ・デザインのスペシャルモデルには、1960年代の伝統的なポルシェのエンブレムが採用される予定だ。また、ポルシェ・デザインはヘリテージ・デザインのオーナーに向けた特別な時計を開発している。初代911をデザインし、ポルシェ・デザインを立ち上げたフェルディナント・アレクサンダー・ポルシェの象徴的なデザインを再現しながら、非常にモダンな印象のデザインとなる予定だ。

(GENROQ Web編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事