メルセデス・ベンツ SLCの最終特別仕様「Final Edition」登場。AMGにも設定

Mercedes-Benz SLC Final Edition

メルセデス・ベンツ SLC ファイナルエディション

初代SLKをオマージュしたイエローを外装色に設定

メルセデス・ベンツ日本は、 オープンスポーツ「SLC」に特別仕様車「Final Edition」を追加した。「SLC」にとっては最後の特別仕様車となる。

「SLC」は、1996年に世界初の電動開閉式ハードトップ、バリオルーフを備えた全天候型オープンモデルのSLKとして登場。現行モデルは2016年にメルセデスのロードスターを表す“SL”と、車格を表す“C”を組み合わせて「SLC」にネーミングを変更。それと同時に大幅な改良が施され、上質なオープンドライブを楽しめるロードスターとして幅広い人気を集めてきた。

18インチAMG 5スポークアルミを標準装備

今回登場した「SLC 180 Sports Final Edition」はSLC 180 Sportsをベースに、外装色に初代SLKをオマージュしたサンイエロー(有償オプション)を設定。特別仕様車専用のハイグロスブラックペイント18インチAMG 5スポークアルミホイールを標準装備した。

また、フェンダーには専用の“SLC FINAL EDITION”のバッジがあしらわれる。外装色はサンイエローの他に、ポーラーホワイト、オブシディアンブラック、ダイヤモンドホワイト、セレナイトグレーの計5色からチョイスすることができる。

ブラックとシルバーパールのナッパレザーシートを採用

インテリアには特別仕様車専用となるブラックとシルバーパールの2トーン・ナッパレザーシートを採用。カーボンパターンのエンボスが入った専用シフトレバーとステアリングが装備される。また、カーボンパターンが特徴のブラッシュドアルミニウムインテリアトリムを随所に採用し、スポーティな室内空間を演出した。

オプション装備として、スイッチを押すだけでルーフトップの透過率を瞬時に変更し、クリアモードとダークモードを自在に切り替えできるマジック スカイ コントロール パノラミック バリオルーフも設定。ルーフを閉めた状態でも快適なオープンエア気分を味わうことができる。

SLC 43をベースの“Final Edition”も登場

「メルセデスAMG SLC 43 Final Edition」は、SLC 43をベースに外装色にサンイエローのみを採用。特別仕様車専用マットブラックペイント18インチAMG 5スポークアルミホイールを標準装備した。

インテリアにも特別仕様車専用のブラックとシルバーパールの2トーン・ナッパレザーシートを採用。SL 63と同様のAMG E-SELECTレバーと、“AMG EDITION”ロゴが下部に配されるセンターマーキング付き専用デザインステアリングホイールを装備した。シートだけではなく室内の随所に上質なナッパレザーが取り入れられている。

【車両本体価格(税込)】

SLC 180 Sports Final Edition:595万円
Mercedes-AMG SLC 43 Final Edition:989万円

【問い合わせ先】
メルセデス・コール TEL 0120-190-610

(GENROQ Web編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事