もう既存のカーナビに頼らない! Apple Carplayが使えるカーナビって何がある!?[後編]

カーナビは欲しいけど、スマホアプリも自由に使いたい
アップルカープレイに対応したナビが欲しい!

Apple Carplay(アップルカープレイ)対応カーナビ
目的地までの正確なナビゲーション、多彩なメディアに対応する音楽再生、ETC車載器やカメラ、リアエンターテインメントなどとの連動機能など、市販カーナビには、様々な魅力があります。

しかし、いつまでも最新の地図情報を使いたいとなればアップデートが必要だし、各メーカーでサポートしているアップデートには無料期間が決まっていたりします。

それに比べるとスマホの地図アプリはいつでも最新。車載カーナビほど様々な機能はないですが、シンプルに使いこなすには便利な時もありますよね。

そんな時に便利なのが、Apple Carplay(アップルカープレイ)やAndroid Auto(アンドロイドオート)と呼ばれるもの。カンタンに言えばスマホに内蔵されているアプリをカーナビ・カーオーディオの画面上に映し出し、映像や音声を車内のオーディオ環境の元に使える、スマホとクルマの連携システムです。

スマホアプリが車内で既存のカーナビと同じように使えたとしたら、使い慣れた地図アプリを大きな画面で見られる、地図データを更新しなくてもいつでも最新。こんな便利なことはないでしょう。

前半ではカロッツェリアがラインアップするディスプレイオーディオを紹介しましたが、後半では、アップルカープレイに対応した、カーナビを紹介します。なぜ車載ナビがあるのに、アップルカープレイが必要なの?

アップルカープレイやアンドロイドオートは、地図アプリだけが使えるわけではありません。地図アプリ以外にも、スマホに収録した音楽やストリーミング再生、通話、メッセージなど様々な機能が使えるんです。もちろん、その恩恵をもっとも受けられるのがiPhoneの地図アプリやGoogleMapなど、ナビゲーション機能を持ったアプリですが、車載ナビ+アップルカープレイとなれば、もっと車内エンタメに広がりが出てくることは間違いなしです。

KENWOOD
ケンウッド/MDV-Z905W


2018年1月12日発表
2018年1月に発表された、ケンウッド“彩速”ナビのフラッグシップモデル「タイプZ」シリーズの2DINナビ。2015年2月に業界初となる高音質ハイレゾ音源(192kHz/24bit)の再生を可能とした彩速ナビの最新機種となります。Z905Wは、200ミリコンソール対応のワイドモデルで、フルフラットな画面に浮かび上がる各種操作キーを備え先進的なイメージを演出します。

高音質コーデック「LDAC™」を搭載し、音源ファイルだけでなく、ワイヤレスでもハイレゾ音源相当の高音質サウンドを楽しめるなど、さらなるハイレゾリスニングの強化を図ったモデルです。

また、「TYPE M」シリーズ(2017年10月発売)に搭載した各種機能を採用し、渋滞表示、速度履歴など、ユーザーが必要とする情報をグラフィカルに表示し、ドライブをより快適にする新INFOウィンドウモードの搭載し、ナビゲーションの能力も高めています。

アップルカープレイに関しては、ナビ画面への表示はもちろん、iPhoneの音声認識機能「Siri」で、走行中の通話、音楽再生、マップなどの操作をハンズフリーで行うことが可能です。アップルカープレイだけではなく、アンドロイドオートにも対応。

拡張機能の豊富さもカーナビならでは。同ブランドのリアモニターとの接続はもちろん、フロント/リア用ナビ連携型ドライブレコーダーに対応し、フロント/リアの同時録画もできます。また、ディスプレイオーディオにはない、TVチューナー付きというのも実は嬉しいポイントでしょう。

【SPECIFICATION】
●仕様:7V型ワイド/ハイレゾ対応/専用ドライブレコーダー連携/地上デジタルTVチューナー/Bluetooth®内蔵/DVD/USB/SD AVナビゲーションシステム
●出力端子:プリアウト(フロント+リア+サブウーファー)、映像出力(RCA)
●入力端子:HDMI/MHL入力、映像入力(RCA)、リアビューカメラ入力(専用8Pinコネクタ)、ドライブレコーダー入力(RCA2系統)

KENWOOD
ケンウッド/MDV-Z905


2018年1月12日発表
MDV-Z905Wと同じく、2018年1月に発表された、ケンウッド“彩速”ナビのフラッグシップモデル「タイプZ」シリーズの2DINナビです。Z905Wが200ミリワイド対応だったのに対し、Z905は、一般的な2DINサイズ。様々な車種に装着が可能なスタンダードな仕様です。ディスプレイ周囲のボタン配置以外は、Z905Wと同様。

【SPECIFICATION】
●仕様:7V型ワイド/ハイレゾ対応/専用ドライブレコーダー連携/地上デジタルTVチューナー/Bluetooth®内蔵/DVD/USB/SD AVナビゲーションシステム
●出力端子:プリアウト(フロント+リア+サブウーファー)、映像出力(RCA)
●入力端子:HDMI/MHL入力、映像入力(RCA)、リアビューカメラ入力(専用8Pinコネクタ)、ドライブレコーダー入力(RCA2系統)

clarion
クラリオン/NXV987D


2018年5月22日発表
クラリオンが2018年に発表したNXV987Dは、9インチ大画面を備えたカーナビゲーションです。

最大の特徴は、「Door to Door ナビゲーション」機能。スマートフォンで検索した移動ルート(車、徒歩)、駐車場、目的地情報などを、専用アプリを通してカーナビゲーションとシームレスに共有。クルマに乗る前に、にスマートフォンで目的地や駐車場を検索・保存すると、スマートフォンで設定した目的地をカーナビゲーションに自動的に引き継ぎ、カーナビによる最新の交通情報を加味したルート誘導を行います。

駐車後は、最終目的地までの徒歩ルートをスマートフォンに自動的に表示。目的地からクルマに戻る際にも、駐車したクルマの位置までの徒歩ルートを表示するので、例えばショッピングモールなどの大きな駐車場で駐車した位置を忘れて迷ってしまった。なんてことも回避できます。

カーナビゲーションでのルート案内や駐車後の徒歩ルートをスマートフォンに表示でき、Google Maps Platformを活用した多彩な情報との連携で、ドライバーの一日をまるごとサポートします。

また、画面表示も独特です。画面を4つのエリアに分ける画期的な「Quad View(クアッドビュー)」を採用。ひとつの画面に、ナビゲーション、オーディオ、ツール、アプリケーションの4エリアを表示し、目的に合わせメインエリアの拡大縮小・切り替えを、自在に行うことができます。

もちろんここで紹介しているからには、アップルカープレイやアンドロイドオートにも対応しています。様々な使い方を期待できるカーナビですね。

【SPECIFICATION】
●仕様:Smart Accessリンク 9型HD/地上デジタルTV/DVD/SD メモリーAVナビゲーション
●出力端子:4chプリアウト・サブウーファー出力端子、HDMI入出力端子、デジタルコアキシャル出力端子
●入力端子:VTR入力、リアビジョンカメラ接続端子、オプションカメラ接続端子

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事