プジョー508 SW、日本デビュー! 抜群のユーティリティと流麗なスタイルを誇る

Peugeot 508 SW

プジョー 508 SW

セダンに続きそれまでの概念を打ち破るワゴンスタイル

プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョーのフラッグシップサルーン「508」のステーションワゴンモデル「508 SW」の発売をスタートした。

「サルーンの概念のすべてを変える」をテーマに、2019年3月に日本市場デビューし、スタイリングや走行性能、先進機能が高い評価を得た「508」に待望のステーションワゴン「508 SW」が追加された。「508」がサルーンの概念を打ち破る、4ドアファストバックという大胆なスタイルを採用したのと同様に、新型「508 SW」もステーションワゴンの概念を打ち破るユニークなスタイルが与えられている。

オーバーハングを4cm延長し伸びやかなエクステリアを実現

エレガントに下降するルーフラインとボンネット左右から始まるダイナミックなプレスラインが、それぞれ伸びやかにテールゲートへと進み、強い印象を残すダイナミズムを表現。「508 SW」はサルーンのスタイリングテイストはそのままに、リヤオーバーハングを4cm延長。SWならではのデザイン性とユーティリティが加わっている。

ワゴン化により居住性&ラゲッジスペースが拡大

インテリアはドライビングのためのインターフェイス「i-Cockpit」がさらに進化。囲まれ感のあるコクピット、入念に選択されたマテリアル、卓越したクオリティでパッセンジャーに極上の空間を提供する。「i-Cockpit」では「レーン ポジショニング アシスト」「アクティブ クルーズ コントロール」「ナイト ビジョン」「アクティブ セーフティ ブレーキ」といった各種先進機能の操作も行われる。

2列目シートのヘッドクリアランスはサルーンと比較すると、約4cmのゆとりが生まれ、後席の居住性が大幅に向上。また、ラゲッジスペースは530リットルを確保。後席を畳んだ場合は1780リットルという大容量を誇る。

さらに向上した荷室のユーティリティレベル

「508 SW」は、ファストバックスタイルの「508」でも特長的だったユーティリティの高さをステーションワゴン化によって、さらにひとつ上のレベルに引き上げている。専用装備として「ラゲッジフックレール」「セパレーションネット(ドッグネット)」「ステンレスシルプロテクター」「トノカバー」「ルーフレール」を採用した。

ラゲッジシルはファストバックに対して30mm低く、24mm幅広く設計されており、荷物の積み下ろしのしやすさが大幅に向上。また、リヤシートのワンタッチフラット機能と電動テールゲート(GT LineとGTに標準装備)は、ファストバックと共通の仕様となっている。

エンジンは1.6ガソリンと2.0ディーゼルの二本立て

シャシーは電動化も見据えた発展性と能力に定評あるグループPSAの主力プラットフォーム「EMP2」に、アクティブサスペンションと、リヤにはマルチリンクサスペンションを組み合わせる。プジョーらしい、しなやかな乗り心地とダイナミックなハンドリングや静粛性を実現する。

パワートレーンはサルーンと同じ、CO2排出量クラス最小レベルの環境燃費性能で定評のある2.0リッター直列4気筒クリーンターボディーゼルの「Blue HDi」と、ダウンサイジング1.6l直列4気筒ガソリンターボ「PureTech」を搭載。「Blue HDi」は、最高出力130kW(177ps)、最大トルク400Nm。「Blue HDi」は最高出力133kW(180ps)、最大トルク250Nmを発揮する。

【車両本体価格(税込)】

508 SW Allure:442万円
508 SW GT Line:484万円
508 SW GT BlueHDi:517万円

【問い合わせ】
プジョーコール TEL 0120-840-240

(GENROQ Web編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事