「リヤ20インチ化で驚異のホットロッドスタイルを演出するEG6シビック」エアサスはもちろん電動可変バンパーまで搭載!?

4回もの仕様変更を経て辿り着いた唯一無二のホットロッドスタイル!

アメリカンテイストを盛り込んだ個性派マシン

オーナーの依頼を受けて、カスタムオーディオを得意とする宮城県のストリートモンキーが製作したEG6シビック。

オーナーは、このシビックを手に入れて以来、スポコン風に味付けたりボディサイドにバイク用のホンダマーク(←翼をイメージしたデザイン)をあしらうなど、計4回以上も大幅な仕様変更を繰り返してきた。

もともとUS系カスタムが大好きな彼は、アメリカのチューニング雑誌やインターネットで情報収集しながらカスタムを敢行。そうして辿り着いたのが、リヤに20インチのUS系ホイールをブチ込んだホットロッド風スタイルだった。

エクステリアは、グランドデザイン製エアロをベースに大加工しているが、フロントバンパーは、リモコンスイッチひとつで前方にスライドするギミックを搭載。工業用のスライドレールとアクチュエーターを組み合わせた力作なのだが、それなりに重量があるため均等にスライドさせるのが難しく、ストライカーを設けてようやくきっちり収まるように仕上がったとか。

そしてリヤに収まる20インチホイールはバドニックの9.5Jだ。ボトルキャップ(王冠)デザインを隠さず見せたいというオーナーの意向に沿い、リヤフェンダーは片側120mmのワイド化&約20mmのアーチ上げ加工されている。

車高はキャノーバーのエアサス導入により、着地寸前の限界ローダウンを実現。タイプR用のブレーキキャリパーを入れるなど走りのポテンシャルアップにも余念はない。

凄まじいエクステリアメイクだが、じつはこのマシンの真骨頂はカスタムオーディオメイクにある。

センターメーターを中心に左右対称にデザインされたインテリア。巨大なサブウーファーをセンターにマウントしたり、ヘッドユニットを運転席側に配置するなど個性が際立つメイキングだ。ビレッド製のステアリングやミラーもアメリカンムードを盛り上げる。

そしてロールバーが張り巡らされた車内に積まれているのは、セパレートスピーカー×10セット、サブウーファー6発、ミッドレンジ×4発などハンパじゃーない数のスピーカー! ロックフォードのユニットを惜しみなく投入し、迫力のサウンドを奏でる。

ハッチ内部には巨大なウーファーをインストール。ちなみにこのマシンはオーディオコンテストとして有名なACGのアマチュアクラスで東北1位、ファイナル3位をゲットしているのだ。

ルーフも魅せる空間として活用されスピーカーやスイッチ類を配置。ボタンひとつで5.1chや音圧重視など5パターンのプリセットが楽しめるようになっている。

ダッシュボードもワンオフ製作。純正メーターをセンターにマウントすることでコクピットのイメージを一新している。

US系のパーツを随所に盛り込みながら、ホットロッド路線のオンリーワンカスタムを実践するシビック。オーナーの想像力には、心底恐れ入った次第だ。

【関連リンク】

ストリートモンキー 宮城県大崎市古川稲波3-2-11 TEL:0229-24-5559
http://www.streetmonkey.jp/

web option編集部

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事