「ツボを抑えた玄人好みのチューンドGT-R(BCNR33)」550馬力の高耐久&高トルク型RB26改2.8Lエンジンに注目!

低速トルクの確保を重視した2.8L+N1タービン仕様!

どんなステージでも速さを体感できる老舗のセットアップ術

古くから関西地区のハコ車レースで活躍を続けてきた実力派ショップ「ガレージ伊藤」の手によって仕上げられたBCNR33の登場だ。

補強や軽量化なし、快適装備も維持したままといいながらも、ツボを押さえたメイキングでバランスのいいマシンに仕上がっているとのこと。オーナードライブで、セントラルサーキット1分25秒台、岡山国際サーキットで1分42秒台というから、走行会仕様としてはトップクラスのパフォーマンスと言える。

心臓部は550馬力仕様のRB26改2.8Lチューン。GT-Rとしては控えめな数値だが、低速トルクの確保とトラブルフリーの耐久性を優先したためだ。タービンはN1ツイン。ストロークアップと小ぶりなタービン選択で詰まり気味の高回転域は、作用角272度のHKS製カムシャフトを組み合わせてフォローしている。

こうして作られたエンジンの特性は非常にワイドで、ノーマルミッションとの相性も良いとのこと。

冷却チューンも徹底。夏場の連続走行も可能なようにと、2基のオイルクーラーを左右のバンパーサイドに振り分けている。アルミ3層のラジエターとともにトラスト製だ。インタークーラーはHKS製、コア周辺の飛び石のキズなどは長らくサーキットを走り続けている証だ。

また、スムーズなシフトフィーリングを得るためにエンジンマウントやミッションマウントを強化したり、ブローバイガスの経路にオイルセパレーターを設けて、走行中のオイル切れによるトラブル防止などのサーキット走行への対策も抜かりなし。

そして、ボディ補強や軽量化を行っていないため、苦労してキッチリ煮詰めたというのが足まわり。シッカリとした減衰力を確保できる別タンク式のクァンタム車高調はもちろん、前後とも車重に負けないようにキャリパー&ローターを大型化している。

アーム類も全てオリジナル品に交換してアライメントの調整幅を広げ、設定車高で適切なジオメトリーになるようセットアップ済みだ。

さらに、軽快な走行フィールを得るためにホイールには超軽量なボルクレーシングTE37のマグネシウムタイプを選ぶなど、控えめなエクステリアとは正反対、妥協のない製品選びがされている。取材時のタイヤはアドバンA048のMコンパウンド(265/35-18)だった。

サーキット走行を1番の目標にしながらも、高速からワインディングまで幅広く楽しめるという“羊の皮を被った狼”仕様のGT-R。落ち着いた大人にこそ相応しいチューンドRと言えるだろう。

【関連リンク】

ガレージ伊藤 大阪府茨木市島3-3-20 TEL:072-637-8511
http://www.garage-ito.com/

web option編集部

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事