「激レアな三菱スタリオンのドリフト仕様!」ランエボ用4G63にS14ミッションを移植した魔改造A183!

酷暑での熱対策も完璧なA183ドリフトスペシャル

ランエボ用4G63にS14ミッション&Z31デフを加工流用!

スポーツカーのエンジンパワー競争がはじまった1980年代前半に生産されたミツビシのフラッグシップFRスポーツ、それがスタリオンだ。発売年度は1982年(昭和57年)で、形式はA182~187だ。

エンジンはランエボに搭載される4G63の原点とも言える、2.0Lシングルカムの4G63(カタログ表記はG63Bでプレートは4G63表記)が搭載され、1988年(昭和63年)には2.6Lの4G54(当時のカタログ表記はG54B)が追加された。

今回紹介するスタリオンは、日本が世界に誇る技術屋集団“JUNオートメカニック”がバーレーン在住のオーナーの依頼で製作したドリ車だったりする。

まずエンジンは、左ハンドルのステアリングシャフトとエキマニの干渉を避けるために、エキゾーストの向きを助手席側にできるランエボ3の4G63を選んで換装。また、横置きから縦置きへとエンジンレイアウトを変更するため、オイルの片寄り防止策も講じられている。エンジン本体は、JUNの0.5mmオーバーサイズピストンを軸に強化済みだ。

組み合わせるタービンはGT2835プロで、最大ブースト1.5キロ時に470psを発揮する。

ミッションは、S14シルビアのケースに高強度のOS技研5速クロスをインストール。OS技研のクラッチ(カバーがランエボ用でディスクがシルビア用)を使い、ミッションケースのアダプターと合わせて4G63とドッキングさせている。

チューニングで気を遣ったのが熱対策。中東のバーレーンでは、夏場の気温は50度オーバーもしばしば。エンジンが夏場の全開走行で壊れないことはもちろん、エアコン付きであることは絶対条件。そのため、冷却系はインタークーラーと特注の3層ラジエターをVマウント化し、セトラブのオイルクーラーをツインで電動ファンを装着して装着するなど、暑さ対策も万全にしている。

一方の足回りは、アームのブッシュ類はすべて新品交換かピロボール化され、アーム自体の補強も含めて完全にリフレッシュ。スバル系のステアリングラックを流用し切れ角もアップ、角度の深いドリフトが可能な足まわりに仕上がっている。

インテリアはノーマル然としているものの、よく見るとメーターにDefiのスーパースポーツクラスターが鎮座し、今時のチューニングカーをイメージさせる作り。シートや内装はすべてノーマルのままで、エアコンもバッチリ使えるそうだ。ちなみに、ボディ補強は発泡ウレタンで行っている。

その他、負荷がかかる駆動系には日産のZ31用デフ&ドラシャを加工流用して強化するなど、JUNならではのオリジナリティ溢れる仕上がりとなっている。

【関連リンク】

JUNオートメカニック TEL:04-2934-5335
https://www.junauto.co.jp/

web option編集部

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事