「世にも珍しい現行エクストレイルの過給機チューンド!」HKSスーパーチャージャー仕様で100馬力アップを達成!

GTS7040コンプレッサーをワンオフ装着して250馬力を発生!

スーパーチャージャー仕様で大柄ボディをグイグイ加速させる

日産を代表するSUVとして人気の現行エクストレイル(NT32)に、HKSのスーパーチャージャーを装着したのが茨城県の“KBC”。キット化されていない車種に対しても積極的にスーパーチャージャー化を手がけている実力派のチューニングショップだ。

現行のエクストレイルは、2.0LのMR20DDエンジン(147ps)+電動モーター(30ps)を積んだハイブリッド車と、MR20DDエンジンのみの車両があるが、スーパーチャージャーを装着したのはMR20DDエンジンのみのベース車両。ハイブリッド車からモーターを外したような設定のためにモーターが補っていた加速性能がなく、約1.5tの車体を不満無く加速させるには少々難ありとも言えるスペックだ。

オーナーも高速道路での加速や坂道の登坂性能に不満があり、知り合いが出入りしていたKBCに相談。同社でもエクストレイルのスーパーチャージャー化は初の試みだったものの、エンジンルームのスペース的には問題が無さそうだったため着手することになったそうだ。

選択したスーパーチャージャーはHKS製のGTS7040。マウントアダプターはアルミ板をフライスで加工してワンオフしている。基本的にGTS7040の許容回転数を一杯まで使うようなプーリー比に設定して、リストリクターでブースト圧を決めているとのこと。このセットアップがハーフアクセルや踏み返しの時などのレスポンスが良いそうだ。

「機械的な取り付け作業は特に問題なありませんでした。ただアイドリングの安定化にはかなり手こずりましたね」とはKBC高瀬さん。

コンピュータのセッティングを初めた頃はなかなかアイドリングが安定せず、この問題解決から作業を開始。コンピュータ側で設定できる数値の変更ではどうにもならず、エアフロの位置や高さを試行錯誤したことで安定するようになったそうだ。

アイドリングが安定するようになってからはセッティング作業も順調に進み、F-CON iSでメインインジェクターの増量をしつつ、足りない燃料を追加インジェクターで補完。同時に点火時期も最適なものへと変更していき、ブースト圧0.65キロ時に約250psと、ノーマルから約100psものパワーアップを果たしたのだ。

アクセルオフ時にコンプレッサーブレードに余計な負荷がかからないよう、ブローオフバルブを装着。その横に以前設置していたエアフロセンサーの取り付け台座があるのはご愛敬。

前置きのインタークーラーはHKS製のコアを使用。エンジンルームの隙間をうまく使って配置されている。

また、グリルの中にはCVTクーラー(右側)とスーパーチャージャーの潤滑油のクーラー(左側)が設置され、パワーアップに伴うオイル系温度上昇へのケアもきっちり行われている。

サスペンションはブリッツのダンパーZZR。スプリングの変更はなく車高を少し下げて使用している印象だ。ホイールは、レイズのヴァルツフォージドA&Nの21インチを履いている。

「とにかく坂道の登りの加速がラクになりました。その他にもブローオフの音がしたり、バックタービンのような音がしたり、ノーマルのエクストレイルにはないメカサウンドも気に入っています」とはオーナー。加速力不足を起こしがちな、重量級のSUVだからこそ、実用としてのパワーチューンの満足度は高く希望をかなえてくれるのだ!

■SPECIFICATION

HKS GTS7040スーパーチャージャー(ブースト圧:0.65kg/cm2)、FコンiS、パワーフロー、インタークーラー/570cc追加インジェクター×1/M’zスピードマフラー/ブリッツダンパーZZR(F7kg/mm R10kg/mm)/ピレリP-ZERO(245/40R21)/レイズヴァルツフォージドA&N(9J)/M’zスピードフロントバンパー/インパルサイドステップ/M’zスピードリヤバンパー/JAOSオーバーフェンダー

【関連リンク】

KBC 茨城県古河市高野713-3 TEL:0280-91-1133
http://www.s-kbc.com/

web option編集部

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事