ジャガー・ランドローバーとBMW、次世代電気駆動システムを共同開発

JAGUAR I-PACE

ジャガー アイペイス

自動車産業を取り巻く環境の急激な変化に対応

ジャガー・ランドローバーとBMWグループは、次世代の電気駆動システム(EDU:Electric Drive Unit)を共同開発すると発表した。

ACES(自動化「Autonomous」、コネクテッド「Connected」、電動化「Electric」、シェアリング「Shared」)が必要不可欠となるなど、自動車産業を取り巻く状況は近年大きく変革。その中核となる電動化技術を2社が共同開発することで、技術の発展をより進めることが狙いとなる。

この戦略的な協業は、両社がこれまで培ってきた電動化技術に関する膨大な専門知識やノウハウ、経験が基盤となる。ジャガー・ランドローバーは、「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー2019」に選出されたジャガー初のフルバッテリー電気自動車「I-PACE」やプラグイン・ハイブリッド車両(PHEV)を市場投入しており、BMWグループも2013年からフルEVの「i3」を発売。どちらのグループも電気駆動システムの開発・製造に関する幅広い経験を有している。

ジャガー・ランドローバーのエンジニアリングディレクターを務める、ニック・ロジャースは次のようにコメントした。

「100年に1度の自動車業界の大変革を代表するものとして、ACESへの移行があります。この変革のスピードとカスタマーからのEVへの関心の高まりは日々勢いを増しています。私たちにとって、このエキサイティングな未来に向けて技術開発を推し進め、発展させていくことが重要かつ不可欠なのです」

「私たちは世界屈指のEVを開発できるということを証明しました。しかし、それにとどまることなく、次世代のジャガー・ランドローバーの製品開発のためには、さらなる技術革新をしていかねばなりません。両社にとって、この大きな変革を見据えた次世代EDUの開発に求めることは主要な部分で共通しており、双方にとってメリットのある協業になるでしょう」

BMW i3

共同開発・共同資金調達によるスケールメリット

一方、BMWのクラウス・フレーリッヒ取締役は、今回の提携に関して以下のようにコメントした。

「自動車産業は急激な変化を遂げています。我々は電動化の分野でも、コラボレーションが成功の秘訣になると考えています。ジャガー・ランドローバーが将来的に目指しているEDU像は、私たちが目指す方向と一致しています。この協業により、開発期間を短縮し、自動車や最先端技術をより迅速に市場に投入することができます。つまり、カスタマーのニーズに、より効果的に応えることができるのです」

今回の合意により、両社で研究開発、製造計画を共有し、資金の共同調達を行うことになり、スケールメリットや効率性を活用することが可能となる。ジャガー・ランドローバーとBMWグループの専門家によるチームが次世代EDUの開発を行うものの、引き続き各ブランドがもつプロダクトの特性や魅力は守っていくと両社は強調する。

次世代の電気駆動システムを搭載した新型車両に関しては、両社の工場でそれぞれ製造を予定している。

(GENROQ Web編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事