「86(ZN6)のハッチバッククーペ!?」直6エンジンを搭載するこのカスタムマシンの正体やいかに!?

スープラ(JZA80)+86(ZN6)=ハチプラ!

86フェイスの完全移植でJZA80スープラが大変身!

フロントから見て、このクルマがJZA80スープラだと分かる人はどれだけいるだろうか? それほどまで自然に、完璧に86顔をフィッティングさせたのが熊本県のガレージDライクだ。

「86を眺めているときに、スープラとリヤクオーターガラスのカタチが似てるなぁって思ったんですよ。そんな些細なところから製作をスタートしました。ただ、86とスープラではボディサイズが異なるので、移植は結構大変でしたね」と、Dライクの野崎さんは話してくれた。

移植にあたっては、86のヘッドライトの位置関係などを再現することを重視。これは、車幅がワイドなスープラに合わせると左右ヘッドライトが離れて雰囲気が変わってしまう上、バンパーも専用品以外が装着できなくなってしまうから。

フロントコアサポートは位置を厳密に合わせた上で86用を溶接して移植。この製作により86の純正フロントバンパー、社外のエアロバンパーなどが装着可能となっている。

フロントフェンダーとボンネットは純正形状のFRP製品を使用してつなぎ合わせて形状を調整。86とスープラの幅の違いをフェンダーで吸収しているため、フェンダーアーチは途中からすぼめられて86のバンパーラインに合流している。

リヤビューは基本的にスープラのままとなっているが、リヤウイングはオリジナルのマウントステーを製作。リヤハッチ後端から立ち上がる特徴的なスタイルを構築している。

搭載されるエンジンはNAの2JZ-GEで、吸排気などに手を入れたライトチューン仕様。これは、2.0LのNAエンジンを搭載する86が3.0LのNAエンジンにグレードアップしたことをイメージしての選択だ。

社名はスープラと86の合体ということから“ハチプラ”と命名。見れば見るほど違和感のないフェイスリフト、JZA80スープラのカスタムとしては非常に完成度の高い1台と言えるだろう。

スペック

2JZ-GE改/86用純正ヘッドライト、純正フロントバンパー移植/モデリスタ86用フロントリップ/フロントフェンダー/ボンネットニコイチ加工/サードGTウイング020改オリジナルステー仕様/ガナドール エアロミラー/ウェッズSA-15R/フェデラル595RS-R(F255/35-18 R265/35-18) 他

【関連リンク】

ガレージディーライク 熊本県菊池郡菊陽町津久例2809-10 TEL:096-340-2133
http://www.d-like.jp/

web option編集部

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事