新型ベントレーフライングスパー、6月11日に発表! 新たにリアステアの搭載も明かされた

BENTLEY FLYING SPUR

ベントレー フライングスパー

最大の特徴は「後輪操舵システム」の搭載

ベントレーは、創業100周年を迎えた今年、すでに告知していた通り、第三世代のフライングスパーを6月11日(火)英国時間の11:00(日本時間=6月11日 19:00)に発表する予定だが、それに先駆け2枚の写真を公開した。

フライングスパーは、ラグジュアリースポーツサルーンという、ベントレーにとって主力モデル。すでにデビューしているコンチネンタルGTの4ドア版とも言える存在で、これまで同様に全輪駆動=AWDを採用するが、新型フライングスパーはそれに加え、後輪操舵=リヤステアを新たに搭載することが明かされた。具体的な内容やスペックこそ公表されていないものの、これまでのモデルでもすでに3mを超えたホイールベース値であるから、リヤステアの搭載によって、取り回しの良さが向上するだけでなく、高速道などのレーンチェンジでは、より扱いやすくなることは間違いない。

また、AWDシステムは、コンチネンタルGT同様、前後トルク配分が最適化され、状況に応じてフロントに伝達するだけでなく、必要がなければ完全な後輪駆動となるなど、スポーツ性と燃費性能の両立を実現していることも注目すべき点。コーナリング中は、オンデマンドによる制御が効果的に働き、エアサスペンションをコントロールしロール量を抑えるなど、乗員に不快感を与えないと主張している。

フライングスパーは、ドライバーズカーとしてはもちろん、ショーファーとして使用するカスタマーも多いだけに、ベントレーにとっては極めて需要の高いモデルだ。それだけに、最新技術を用いた秘策がまだ用意されている可能性もある。いずれにしても、6月11日にはすべてが明らかになるはずだ。下記のサイトに登録を済ませておけば、いち早くその情報を入手できる。

(GENROQ Web編集部)

【関連リンク】
・新型ベントレー フライングスパー 専用サイト
http://www.NewFlyingSpur.com

【関連記事】
・ベントレー、次期「フライングスパー」の内装の一部を公開
https://genroq.jp/2019/05/23942/

・ベントレー、次期「フライングスパー」のデビューを予告
https://genroq.jp/2019/04/20831/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事