フェラーリV8、4年連続で「国際エンジン&パワートレイン・オブ・ザ・イヤー」を受賞

Ferrari 488 Pista

フェラーリ 488 ピスタ

排気量から最高出力にカテゴリー分類が変更

第21回「国際エンジン&パワートレイン・オブ・ザ・イヤー」において、最高出力720psを発揮するフェラーリ製3.9リッターV型8気筒エンジンが4年連続で総合タイトルを獲得した。

ハイブリッドパワートレインをより公正に判断すべく、「国際エンジン&パワートレイン・オブ・ザ・イヤー」はカテゴリーを「排気量」から「出力」に変更。この結果、フェラーリ製V8ユニットは、さらにふたつのカテゴリーで賞を獲得することになった。

「488 ピスタ」に搭載されていた3.9リッターV8エンジンは、出力「650ps超」カテゴリーで最高のパワーユニットに選ばれた。一方、「ポルトフィーノ(600cv)」と「GTC4 ルッソ(610cv)」に搭載されている3.8リッターV8ユニットが「550-650ps」カテゴリーで賞を獲得している。

授賞式はドイツ・シュトゥットガルトで開催され、フェラーリ製エンジンに惜しみない賞賛が贈られた。今回獲得した各賞を加えたことで、フェラーリが「国際エンジン&パワートレイン・オブ・ザ・イヤー」で得た受賞数は、31に達している。

(GENROQ Web編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事