映画「女王陛下の007」公開から50周年を記念した「アストンマーティンDBS」登場!

ASTON MARTIN
On Her Majestys Secret Service
DBS Superleggera

アストンマーティン DBS スーパーレッジェーラ

1969年の劇中に登場したオリーブグリーンをまとうDBS

アストンマーティンといえば、映画「007」シリーズの主人公ジェームズ・ボンドが操る、秘密兵器などを装備した愛車として有名だが、その中でも1969年に公開された「女王陛下の007」に登場したアストンマーティンDBSは、シリーズの中、印象に残った人も少なくないだろう。

それから50年の時を経た今、アストンマーティンは最新型「DBSスーパーレッジェーラ」をベースにした50周年記念として特別仕様車を発表した。「女王陛下の007」の劇中で使われたDBSのボディカラーと同様、独特のオリーブグリーンをまとい、エレガントかつ威圧的な存在感を放つ個性的な1台に仕上がっている。

アストンマーティン ラゴンダ プレジデント兼グループ最高経営責任者(CEO)のアンディパーマーは、今回の特別仕様車に対して、こうコメントを残している。

「この特別仕様のDBSスーパーレッジェーラは、1969年の映画に登場したDBSと本質は同じです。5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載し、725psを発揮する非常に優れた“ブルート・イン・ザ・スーツ”と言えるでしょう」とコメントしている。

50台限定の特別仕様

この特別仕様のDBSスーパーレッジェーラは、カーボンファイバー、スプリッター、エアロブレード、そしてユニークなダイヤモンド模様のデザインをもつ鍛造ホイールなどを装着する。6本のラインが際立つフロントグリルは、独特の特徴を再現するためにオーダーメイドによる金属製を採用し、特別仕様車であることを主張。エクステリアの塗装表面も特別に強化されているという。

インテリアのカーペットなどには、1969年のDBSにインスパイアされ、グレーをブレンドしたアルカンターラを使用。アクセントが付けられた粋な黒革を基調に、かつての映画に登場したライフルが積まれるDBSが赤いトリムをもつことに触発され、シートなどには赤のアクセントラインが設けられている。

このジェームズ・ボンド スペシャル エディションは、50台の限定。オーナーには、オーダーメイドによる特別なドリンクケースなど、特別なアイテムを選択することも可能だという。

イギリス本国での価格は約4200万円

アストンマーティン副社長兼最高クリエイティブオフィサーのマレック・ライヒマンはこう語る。

「ジェームズ・ボンドの伝説を具現化したこの特別仕様車は、映画に登場したオリジナル車両のイメージを現代流に解釈したものです。それはエキサイティングな挑戦でした。 DBSスーパーレッジェーラはアストンマーティンのラインナップ中、もっともパワフルな車ですが、オリーブグリーンに塗られたことで、エレガントさが強調され、従来のDBSスーパーレッジェーラとは一線を画するイメージに仕上げることに成功しました」

映画「女王陛下の007」で登場したDBSは、ゴールドフィンガーで使用したDB5の継続車として話題となった。今回の特別仕様車は、2015年のDB9 GT ボンド・エディションに続く、007にインスパイアされたシリーズの最新版だ。 価格は300,007ポンド、日本円で約4200万で販売される。実際の納車は、2019年第4四半期から始まる予定だ。

(GENROQ Web編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事