時計ジャーナリストが語る「仕様で選ぶベントレー」【PR】

BENTLEY PRE-OWNED

ベントレー認定中古車

実は賢い、ベントレーの「プレオウンド」という選択

ベントレーとは、時計に例えるとヴァシュロン・コンスタンタンみたいなものだろうか。男気はあるけど野蛮ではない、しかも重量級だが取り回しは悪くない、というキャラクターは両者に共通するものだ。加えて言うと、両者は極めつけに高価である。あれだけ手作業を盛り込めば、お安くないのは当然だろう。長らく、ステータスシンボルと見なされてきたのも納得だ。

ただ、お高いはずのベントレーは、買い方次第では、意外にお買い得であることを最近知った。新車でも据置設定型ローンを組めば比較的抑えた価格で乗れるし、ベントレーの認定中古車「プレオウンド」ならば、いっそうお得であるようだ。ベントレーにお得という表現は相応しくないので改めると、”賢い選択”と言えるだろう。

新車とほぼ変わらない状態がほとんど

プレオウンドをお勧めできる理由はいくつかある。ひとつは新車登録より7年以内かつ5万km以内の正規輸入車のみがベースになっていることだ。ベントレーのお客様は車を非常に大切に乗る方が多いので、必然的に程度の良い物が残っていく。しかも、新車時からきちんとメンテナンスされた個体を、さらに整備して納車するので、基本的に新車とほぼ変わらないのである。筆者は横浜と世田谷で、プレオウンドを一通り見せてもらったが、正直何が新車と違うのだろうと思った。

実際にユニークな仕様に巡り会える

それともうひとつ、プレオウンドには面白い車両が多いことだ。ベントレーをひんぱんに乗り換えるようなオーナーは、富裕層であり、目利きが多い。従って、注文する車両には様々なオプションを着けたがるし、場合によっては、極めてユニークな内外装を持っている。新車でも「コンフィギュレーター」で好き勝手に内外装を指定できるが、私見を言うと、画面で設定するのと、実物を見るのとでは印象はかなり変わってくる。ベントレーのことだから、画面と実物が大きく異なることはなさそうだが、時計の世界でもやっているパーソナライズサービスを思うと、実物を見た方がいいのは間違いない。その点、プレオウンドは、実物を見て決められる。

もし、気に入った内外装のモデルが見つかれば、それほど待たずに乗ることができるわけだ。事実、プレオウンドを選ぶ人には、気に入ったモデルをすぐに乗りたいから、という理由で選ぶ人が少なくないらしい。仮に筆者がベントレーに乗るとして、内外装にナイスな選択を与えられる自信はまったくない。仮に3000万払って、組み合わせに失敗したら、それこそ身も蓋もないのであって、だとしたら筆者はプレオウンドを買うだろう。

贅沢をより身近にするためのプレオウンド

さて、このプレオウンド、選べるモデルは「ミュルザンヌ」「ベンテイガ」「コンチネンタルGT」と「フライングスパー」の4種類である。何を選んでも良さそうだが、筆者ならばコンチネンタルGTのコンバーチブルを選ぶ。大排気量のクーペというのは、無駄の極みであって、つまりは贅沢だ。時計で例えるなら、ヴァシュロン・コンスタンタンの「オーヴァーシーズ クロノグラフ」、しかも18KRGモデルになるだろうか。いずれも素晴らしいパフォーマンスを持っているが、やるせなく使うのが様になっているように思うし、それを許容できるのは、ラグジュアリーブランドなればこそだろう。

敢えて選ぶ一世代前のコンチネンタルGT

それと、一世代前のコンチネンタルGTには、デュアルクラッチ式ではなく、従来のトルコン式が載っているのも好ましい。確かにデュアルクラッチは理論上素晴らしいが、トルコンを載せた大排気量車の、シームレスに続く加速感はなんとも言えず気持ちがいい。ぶっ飛ばすなら新しいコンチネンタルGTも素晴らしいだろうが、悠然と走るには、トルコンはいっそうマッチしているように思える。しかも、助手席に妻を乗せても、文句は言われないはずだ。単純に筆者の好みだが、トルコンを載せたコンチネンタルGTは、いかにもベントレーらしい。しかも今ならば、低走行車を、魅力的な価格で手にできるのだから文句なしだ。

もしあなたが、同じ価格帯ぐらいの新車の購入を検討しているなら、ベントレーのプレオウンドは選択肢に入れていいだろう。筆者は実際に乗せてもらったが、この無類に豪奢で、調教が取れ、しかもシームレスな感触はちょっと比類がない。同じ価格でこの経験が出来るなら、試しにプレオウンドを体験することをお薦めしたい。

REPORT/広田雅将(Masayuki Hirota/Chronos-Japan 編集長)

PHOTO & MOVIE/小林邦寿(Kunihisa KOBAYASHI)

【INFORMATION】

「ベントレー認定中古車イベント」開催

期間:2019年6月10〜16日

上記の期間中、ベントレー正規販売店では「認定中古車イベント」を開催。この期間中は、据置設定型ローンの金利が1.99%で利用可能だ。新車とほぼ変わらない状態に保たれた、優良かつ個性的な個体が揃えられているのも注目だろう。

ベントレー認定中古車とは

ベントレーモーターズジャパンの認定中古車検索システムでは、全国のベントレー正規販売店の全ての認定中古車の在庫車両が掲載されており、新規入庫車両もいち早く掲載される。お気に入りの1台を探して定期的にチェックしてみては。

【関連リンク】

・ベントレー認定中古車イベント 公式サイト
https://www.bentleymotors.jp/world-of-bentley/experiences/pre-owned_event_june2019/

・ベントレー認定中古車検索サイト
https://preowned.bentleymotors.jp/

(GENROQ Web編集部)

Sponsored by Bentley

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事