「EG6シビックタイプRにK20Aを換装!」車重900kgのボディと2.0リッターVTECのコンビは強烈すぎる!

900キロの軽量ボディに海外製キットでK20Aをスワップ!

後継の大排気量VTEC換装で大幅にポテンシャルアップ

FR車のエンジンスワップは、レイアウトの自由度が高いためか、多くのバリエーションが存在するけれど、ドライブシャフトの位置合わせなどが伴うFF車でのエンジン換装は、かなりレアな印象。

しかし、近年ではアメリカをはじめとする海外チューナーがFF車用のエンジンスワップキットを開発&発売しており、かなり現実的になってきたのも事実だ。

ここで紹介するサーキット仕様のEG6は、そんなアメリカ製のキットを使ってDC5用のK20Aを搭載した1台。手がけたのは関西屈指のパワーチューナー「ガレージ伊藤」だ。

なお、K20Aスワップキットはマウントブラケットなど一式のパーツが用意されているため、想像よりはるかに手軽にエンジン換装ができたとのこと。ちなみに、エンジンハーネスはK20A用を使って引き直すことになる。

エキマニはガレージ伊藤ワンオフの等長タイプ。実はキットにエキマニが付属していたが、あまりに作りが粗雑で効率も悪そうだっため奮発して製作したそうだ。

ラジエターはK20A純正。EG6用に比べると面積は倍近く、ラジエターの前方を塞ぐものもないので問題ない。

重要なコンピュータはDC5のワンメイクレース用に無限が供給していたものを採用。純正に対するパワーアップ率は高く、中古のK20Aエンジンでも240psを引きだしてくれる。

ドライブシャフトはミッション側がDC5用、ハブ側がEG6用で合わされた強化品。この辺りのパーツも、マウントと一緒に販売されている。ちなみに、ウエスが巻きつけてあるのは温度が上がって膨張した際のグリス飛散を防止するためだ。

室内はドンガラ、開口部はスポット増しがなされロールケージもサイドバー付きで入れられている。ウインドウはフロント意外アクリル化され、車重は約900kgまでシェイプされた。

サスペンションは定評のあるクラックス。西日本のマイスターの多くが愛用するブランドだ。

搭載したK20Aは10万キロの中古エンジンだったが、それでもB16C時代とは比べ物にならないほどの速さを手に入れた。ガレージ伊藤では、こうしたエンジンスワップも得意としているので、興味ある人は問い合わせてみてはいかがだろうか。

【関連リンク】

ガレージ伊藤 大阪府茨木市島3-3-20 TEL:072-637-8511
http://www.garage-ito.com/

web option編集部

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事