世界最速のSUV「ベントレー ベンテイガ スピード」日本導入スタート!

BENTLEY Bentayga Speed

ベントレー ベンテイガ スピード

日本には20台限定のデリバリーを予定

ベントレー モーターズは量産SUV世界最速を誇る「ベンテイガ スピード」の日本導入を発表した。「ベンテイガ スピード」は、6.0リッターW12型ツインターボエンジンのハイパワーバージョンを搭載し、最高出力635ps、最高速度306km/h、0-100km/h加速3.9秒の性能を誇る。日本市場には20台限定でデリバリーされる予定。

設計、エンジニアリング、ハンドクラフトのすべてが英国で行われる「ベンテイガ スピード」は、これまで以上にパフォーマンスを重視した最強のベンテイガ。「スピード(Speed)」とネーミングされたモデルが「コンチネンタル GT」に登場したのが2007年。「ベンテイガ スピード」も、これまでの「スピード」モデルの持ち味や特徴を受け継ぎつつ、ベンテイガのパフォーマンスをさらに引き上げている。また、昨年のパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに参戦し、量産SUVの新記録を樹立している。

最高出力635psを誇るW12ツインターボを搭載

搭載される6.0リッターW型12気筒ツインターボチャージャーエンジンの最高出力は、608psから635psにパワーアップ。最大トルクも900Nmを発揮する。最高速度は301km/hから306km/hへと向上し、0-100 km/h加速は4.1秒から3.9秒に短縮された。トランスミッションは、8速オートマチックが組み合わせられている。

世界初となる電動式アクティブ・ロール・コントロール技術のベントレーダイナミックライドを採用。コーナリング時のロールを即座に抑え込み、タイヤの接地性を最大限に高め、クラストップのキャビン安定性と快適な乗り心地、優れた操縦性を実現した。さらに発進時やシフトダウン時のエキゾースト特性も向上している。

「スピード」の名称に相応しい専用の内外装

「ベンテイガ スピード」のエクステリアは、その進化したパフォーマンスに相応しい堂々たるルックスをもつ。ダークティントヘッドライト、ボディ同色サイドスカート、そして印象的なテールゲートスポイラーは、その並外れたパフォーマンスを予感させる。

また、ダークティントで統一されたラジエーターグリルとバンパーグリル、3種類の仕上げに対応する22インチ専用ホイール、ボディにあしらわれた「スピード」専用バッジもスポーティなデザインを引き立ている。

インテリアには、ドラマティックな空間を意識したデザインを導入。ドアやドアハンドル周り、シートクッションやバックレストボルスターの縁部分、ロアコンソールなどが躍動感あふれるデザインで仕上げられたほか、ダイヤモンドキルトを彩る新デザインのコントラストステッチ、上品な「スピード」バッジ、イルミネーション付き「スピード」トレッドプレートなどが採用された。

オプションでカーボンセラミックブレーキの搭載も

AWDシステムにはエレクトロニック・デファレンシャルロックと、最大8種類のドライブダイナミクスモードを搭載。この「スピード」モデル向けに見直されたスポーツモードでは、よりダイナミックな走りを体感できる。また、エキゾーストの性能向上と硬めにチューニングされたサスペンションにより、ドライバーとの一体感がさらに高められた。

パーソナライゼーションにも幅広く対応。カーボンセラミックブレーキ、マッサージ機能が付き22通りに調整可能なフロントシート、カーボンファイバーのフェイシアパネル、ムードライティングなどをもカスタマーの好みに合わせてチョイスすることができる。

日本市場への導入台数は、前述のとおり20台のみ。デリバリーは2019年後半を予定している。

【車両本体価格(税込)】

ベンテイガ スピード:2945万4545円

【問い合わせ】
ベントレーコール TEL 012-97-7797

(GENROQ Web編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事