「老舗によるGDB全方位チューニング」EJ25換装でトルクフルな420馬力を手にしたF型インプレッサ

ユーザーへのフィードバックを念頭に各部をブラッシュアップしたGDB

軽量化されたボディと煮詰められたサスメイクにも注目

スバル車チューンを得意とするアクアが、タイムアタックなどに挑戦しつつ、あらゆるデータ取りを行ってきたデモカーのGDB F型インプレッサ。

新車でデモカーとして投入され、以降、多くの走行を繰り返してきた名物マシンだが、ボディはもちろんエンジンルームから下回りに至るまで、そうは思えないほど美しい状態をキープしているのだ。日々のメンテナンスが隅々にまで行き届いていることがよく分かる。

エンジンはピストン・コンロッド・クランクなどを強化したEJ25の腰下と、もともと搭載されていたEJ20のヘッドを組み合わせたEJ25を搭載。

タービンは、それまで装着していたGT2835にビレットブレードを組み込んだハイフロー仕様をセット。最大ブースト圧1.7キロ時に約450psを発揮する。

足回りは、オリジナルセッティングされたエナペタルの車高調を軸に、ブレーキやアーム類まで細やかにセットアップ。タイヤはBSのRE-11S、前後とも265/35-18を装着。

なお、ユーザーにフィードバックできる範囲でとスタートしたGDBチューンだが、デモカーとして筑波のタイムアタックもこなすため、軽量化にも積極的に取り組んだ。ドアはドライカーボン製、そしてウインドウはフロント以外はアクリル化され、車重は1240kgまでシェイプされている。

エアロパーツはアクアのオリジナルで武装。アンダーフロアはフラット化されており、高速サーキットではこれら空力デバイスの効果が大きく現れる。

整然と組み上げられたなインテリア。メーターパネルにはデフィのDSSCがビルトインされ、各部にはアクセントにカーボン柄があしらわれる。

ターゲットとしている筑波では、気温が高い4月で58秒台をマークするなど、シーズンを問わない速さを見せつけた。タイムアタック号として進化させつつ、ユーザーへの技術フィードバックを念頭に置いたメイキング。老舗ショップらしい仕上がりだ。

アクア 兵庫県多可郡多可町八千代区仕出原699-9 TEL:0795-30-6161

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事