「メーカーコンプリートを超える完成度!」V35スカイラインで欧州チューナーズスタイルを表現!

全身からプレミアム感が溢れる欧州チューナー顔負けの作り込み!

過給機によるアシストで走りも文句なしのV35に昇華

直6のRBユニットからV6のVQエンジンに移行したことで、第3世代のスカイラインとも呼ばれるV35型。このモデルからインフィニティブランドを冠した海外モデルの生産がスタートしたこともあり、US系カスタムベースとしても人気が高い。

その一方で、ターボモデルが存在しないこともあってか、チューニングベースとしてはイマイチ盛り上がりに欠けるのも事実だ。

しかし、3.5LのVQ35DEを搭載したフラッグシップグレード350GTの最高出力は272psとパワフル。さらに6速MTモデルも用意されるなど、ベースマシンとしての素性は決して侮れないものがある。なにより、中古車価格が手ごろなことも魅力だ。

そんなV35をベースに、内外装からパワー系までトータルチューンを施したのがこのマシン。ジャンルに捕らわれず、オーナーの理想を具現化した拘りの1台だ。

ブラパスやゲンバラといった欧州チューナーをリスペクトするオーナーが、自らコーディネイトしたという洗練されたスタイルは、市販エアロをベースに自分流のエッセンスをプラスしたもの。それに合わせ、カーサービスヒロでワイドフェンダー化やダクト追加を実施することで、抜群のまとまり感を実現。

デザインに惹かれてチョイスしたダムドのフロントバンパーは、グリルダクト部分をブラックアウト処理。リヤバンパーとサイドステップはD-MAX製をベースにダクトやディフューザーを追加する。

ブラックメッキ塗装したインフィニティエンブレム。小振りなリヤスポイラーはUSブランドのEVO-R製だ。

シックな雰囲気のボディカラーは、BNR34ニュルスペック限定のミレニアムジェイド。スカイラインだから…ではなく、プレミアムなイメージにあった色だったからこのカラーを選択したとのこと。ホイールは19インチのワーク・グノーシスGS4だ。

また、本革張り替えによりプレミアム感を引き上げたインテリアは、タン色/ブラックのツートン仕上げ。ピアノブラック調のセンターコンソールもワンオフ加工するなど妥協なく作り込む。

センターコンソールは、トラストのマルチメーターやフーガ用アナログ時計を違和感なくインストールしている。

さらに走りのポテンシャルアップも抜かりなく、VQ35本体はノーマルのままスーパーチャージャー化することで、約350psを発生。なお、出力向上に伴い、燃料ポンプは235L/h、インジェクターは545ccへと変更。インタークーラーはHKSキット付属品をセットする。

なお、HKSの遠心式スーパーチャージャーは、高回転ほどその真価が発揮されていくトルク感応式。コンロッドなどエンジン内部まで強化すれば約500psも期待できるGTS8550コンプレッサーだ。

パワーアップによる熱量増大に加え、デザイン重視でダクト面積の少ないバンパーの影響もあり、水温、油温ともにかなりキビシイ状態に…。そこで、KOYOアルミ2層ラジエターやHPIオイルクーラーを導入した。

排気系は、エキマニからマフラーまでフル交換。HKSリーガルマフラーは110φオーバルテール4本出しに加工してビジュアルアップ。メタルキャタライザー付きの合法スペックだ。

どこを見てもスキなしのV35スカイラインは、欧州チューナーが手がけたコンプリートマシンも真っ青の完成度に仕上がっているのだ。

web option編集部

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事