先進的なデザインを手に入れた!? ホンダ・シャトルのマイナーチェンジは5月10日発表!【新型車レポート】

【新型車レポート】
広々荷室の5ナンバーワゴンが
5月10日にフルモデルチェンジ!!

HONDA/SHUTTLE
ホンダ/シャトル
2WD=GP7、4WD=GP8

5ナンバー枠に収まるボディサイズと取り回しの良さが好評のシャトル。このたび、5月10日にマイナーチェンジされることが発表され、同時にティザーサイトがオープンしている。

外装は前後バンパーの意匠変更に限らず、ヘッドライト&テールレンズをLED化。ホイールもデザインとカラーを変更し、洗練された外装にアクセントを加えている。また予防安全装備のHonda SENSINGでは、LEDヘッドライト装着車にオートハイビームが標準装備される。

内装は助手席前などの木目調ソフトパッドやシフトノブの色味に加え、シート表皮の色味と柄も変更されている。さらに、最上級グレードの「HYBRID Z・HondaSENSING」には、本革シートが新たに追加設定されることになった。

新型シャトルの車両価格やスペックの公開は5月10日のマイナーチェンジモデル発表までしばしお待ちを。

LEDフォグ追加や細部にメッキ加飾を施しつつ、フロントとリアバンパーの意匠を変更することで、スタイリッシュな外観に生まれ変わった。

ヘッドライトと同様に、テールランプもLED化。ポジション連動の2つのLEDライトバーが高級感を底上げする。

メーカーオプションの本革シートを「HYBRID Z・Honda SENSING」に新設定。シンプルな横基調デザインだ。

後席中央にあるセンターアームレストにドリンクホルダーを2つ追加。座ったままの姿勢で手が届くのは便利。

問:Hondaお客様相談センター 0120-112010
http://www.honda.co.jp

スタイルワゴン2019年5月号より

スタイルワゴン・ドレスアップナビ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事