「ZC32Sスイスポをコーナリング最強マシンに仕立て上げるための極意とは?」足回りに主眼を置いたディーランゲージ流チューニングプラン

サスペンションを中心にしたディーランゲージ流メニュー

トラクションアップで驚くほど速くなる!!

ZC32Sの武器は、なんといっても軽量なこと。パワーを高めなくても加速力があり、高いコーナリングスピードを実現することができる。ディーランゲージのマシンメイクの主眼は、そのコーナリング性能を最大限に引き出してやろうというものだ。

実際、このデモカーのパワースペックは吸排気+ECUチューンのみ…とライトな仕様。それでも、サーキットでは驚くべき戦闘力を発揮している。

まず、エンジン系はアールズのパーツが実績があるという判断で、スロットル、ECU、エキマニをアールズ製で統一。水温はまず心配がないのでラジエターはノーマル。オイルクーラーも小型のもので十分だという。この吸排気チューンとECUチューンで中速トルク&レスポンスアップを実現している。

やはり、キモとなるのはサスペンションセッティング。ディーランゲージではKYBにオーダーしてオリジナル車高調を製作。減衰力は32段調整式で、フロントは倒立式だ。その特徴は、リヤに直巻ではなくノーマル形状のスプリングを採用していることにある。

このスプリングは10kg/mmとハイレート(フロントは15kg/mm)を有しているが、実際にはバリアブルレートなので上のほうはバネレートが低く、動き始めはしなやかに縮んでくれる。そのためリヤが突っ張らず、タイヤが温まっていないときでも挙動が安定するのだ。しかも、サーキット走行も可能なレートでありながら、街乗りでも快適に走れる特性を持つ。

また、ZC32Sのコーナリングスピードを上げるには、フロントに一定のキャンバーが必要だ。そのため、この車高調ではトップ部をオフセットさせ、さらにストラット下部の取り付け位置をシム調整で可変にしてキャンバーを最大4度20分までつけられるようになっている。デモカーのキャンバー角は約4度だ。

ただし、純正デフでは高速でコーナーに進入すると、イン側のタイヤが空転しがちなため、コーナリング中でもしっかりとした推進力を得るためにLSDは装着したい。さらに、高速道路での燃費を気にしないなら、ファイナルギヤの減速比を純正の3.944:1から4.66:1に交換すると、コーナーの立ち上がりの加速が鋭くなるので、下手なパワーチューンよりも効果的だという。

ブレーキの強化も重要だ。デモカーはフロントにモノブロックのキャリパーが入っているが、一般的にはエンドレスの296mmローター+4POTキャリパーの組み合わせを推奨。リヤはパッド交換だけで十分だ。これは、ABSの無駄な介入を避けつつ、ブレーキ性能をバランスよく向上させることを目的としたメニューだ。

剛性面に関しては、補強バーはほとんど要らないということだが、デモカーはフロントパフォーマンスバーとフロントメンバーサポートバーを装着。これはフロントメンバーの取り付け剛性を高めて、加減速時の安定性を高めてやる狙いだ。

一方、重要なタイヤについては、撮影時は“転がし用”のタイヤを装備していたが、アタック時はアドバンネオバAD08Rで、サイズはフロントが235/40-17、リヤが205/50-16。ホイールサイズは順に8.5J×17+30、7.5J×16+39だ。すでに16インチを履いているなら、サーキット走行時のみフロントを235/40-17に換えて、メカニカルグリップを稼ぐのがおすすめ。

なお、サスがノーマルのままエンジンレスポンスをアップさせると、トラクションコントロールがすぐに介入してしまう。コーナーの立ち上がりで失速する原因にもなりかねないので、ZC32Sでは足回りセットアップは最優先事項と考えるべし。

【関連リンク】

ディーランゲージ 東京都足立区皿沼3-24-11 TEL:03-6807-1557
http://dlanguage-z.com/

web option編集部

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事