ZF:日本市場向けに電動トラックのプロトタイプを開発

「ZF electrifies everything (= ZFは全てを電動化する)」という考え方のもと、ZFは乗用車だけでなく商用車や産業用機器の電動化を進めている。このプロトタイプ車両は、日本市場で広く使われている車両総重量5トンのトラックにZF製「CeTrax lite」電動セントラルドライブを搭載し完全電動化したもの。この車両はドイツ本社と連携しながら、横浜にあるテックセンターでZFジャパンのエンジニアリングチームによる開発が行われ、日本固有のニーズに対応している。

「CeTrax lite(セトラックス・ライト)」は、既に量産されているZFの乗用車用電動ドライブをベースに開発された、車両総重量7.5トンまでの小型商用車向け電動ドライブ。モーター、インバーター、減速機、および冷却システムの一体設計により、総重量120kgと小型・軽量化を実現した。

ZFジャパン研究開発部門責任者のロバート・サイドラー氏は、次のように述べている。

「CeTrax liteは、ZFの『プラグ・アンド・ドライブ』コンセプトにより、既存のエンジン搭載モデルのシャシやアクスルなどに大きな変更を加えることなく、完全電動車両への変更を可能にします。また、既に量産されているZFの乗用車用電動ドライブをベースに開発されているため、信頼性の確保と低コスト化が図られています」

非同期電動モーターが最高出力150kW、最大トルク380Nmを発生し、このクラスの内燃機関ユニットと同等の走行性能を確保するとともに、局所的ゼロエミッションや低騒音などを両立しているこのトラックは、日本固有のニーズを満たすソリューションと言える。密集した住宅街にあるコンビニエンスストアへの早朝・深夜の配送や、自動販売機への商品補充、近い距離にある住宅への宅配などにおける頻繁な「ストップ・アンド・ゴー」の繰り返しなどに、CeTrax liteの走行性能、静粛性と高効率モーターの採用によるエネルギー効率の高さが貢献する。

サイドラー氏は次のように述べている。「今回のプロトタイプは、日本で最も多く使用されている最大積載量2トン、車両総重量5トンの小型トラックにCeTrax liteを搭載したものです。ZFは、日本の商用車メーカーやフリート事業者のニーズに応えるこのプロトタイプトラックをきっかけに、日本においても電動化を推進していきます」

CeTrax lite:小型商用車(最大7.5トン)用の電動セントラルドライブで、最高出力150kW、最大トルク380 Nmを発生。

(MotorFan編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事