ポルシェ カイエンに、プラグインハイブリッドモデルを追加

Porsche Cayenne E-Hybrid

ポルシェ カイエン E ハイブリッド

モーターのみで44kmの走行距離を実現

ポルシェは、新型「カイエンEハイブリッド」の導入を発表した。今回、カイエンに加わったプラグインハイブリッドモデルは、クラス最高のドライビングダイナミクスと最大限の効率性を併せ持つと、ポルシェは胸を張る。

パワフルな3リッターV型6気筒エンジン(最高出力250kW/340ps)に、ほぼ無音のエレクトリックシステム(電気モーター:最高出力100W/136ps)を加えたことで、340kW/462psのシステム最高出力を発生。アイドリングをわずかに超える回転数で、700Nmの最大トルクを発揮する。

ブーストストラテジーは、パナメーラのハイブリッドモデルと同様にスーパースポーツ「918スパイダー」に匹敵。プラグインハイブリッドドライブによって「カイエンEハイブリッド」の0-100km加速タイムは5.0秒をマークし、最高速度は253km/hに達する。

電気モーターのみによるゼロエミッションでの航続距離は最長44km、135km/hまでの加速も可能。使用タイヤに応じて、平均燃料消費量(NEDC)は3.4〜3.2リッター/100km、平均電力消費量は20.9〜20.6kWh/100kmとなっている。

「カイエンEハイブリッド」の発売と同時に、ポルシェは装備を追加して「カイエン」シリーズ全体のコンフォート&アシスタンスシステムの範囲を拡張。日本仕様では「レーンチェンジアシスト」「アダプティブクルーズコントロール」「パークアシスト」「サラウンドビューカメラ」が標準装備され、新型「ヘッドアップディスプレイ」「マッサージシート」「リモートコントロール付独立ヒーター」さらに「22インチ軽合金製ホイール」などが、オプションとして設定される。

先代モデルを43%上回るモーター出力

2010年、ポルシェは「カイエンSハイブリッド」を投入し、ラグジュアリーSUVセグメントでの電動化の先駆者となった。2014年に登場した「カイエンS Eハイブリッド」では、同セグメントにおけるプラグインハイブリッド導入のパイオニアになっている。その流れをさらに進めたのが、今回登場した「カイエンEハイブリッド」となる。

最高出力は、先代を5kW(7ps)上回る250kW(340ps)のエンジンと、先代を43%上回る100kW(136ps)のエレクトリックシステムを結合したことで、先代を34kW(46ps)上回る340kW(462ps)のシステム最高出力を達成している。

ドライブモードによって変わるブースト使用

今回「918スパイダー」に基づくブーストストラテジーが新たに追加されたことで、全てのドライビングモードにおいて、エレクトリックシステムを使用してパフォーマンスを向上させることが可能になった。

アクセルペダルを踏み込むと、すぐに700Nmの最大トルクを獲得。優れた応答性により、SUVとは思えない抜群の加速を生み出す。標準装備される「スポーツクロノパッケージ」の「スポーツプラス」モードを使用すると、エンジンとエレクトリックシステムによる最高速度は253km/hにまで達する。また、走行条件と性能要件に応じて、全ての回転域で連続してブーストトルクを利用することもできる。

性能重視の「スポーツ」と「スポーツプラス」モードでは、ブーストのためにほぼ全てのバッテリーエネルギーを使用することが可能。「スポーツ」モードにするとバッテリーは新たなブーストに必要なだけの充電が行われ、「スポーツプラス」モードではバッテリーはできる限り迅速に再充電される。一方、他のモードでは、ブーストのエネルギーを制限して効率的な走行をサポートする。

搭載バッテリー容量は約30%も増加

「カイエンEハイブリッド」のバッテリーテクノロジーは飛躍的な進化を遂げており、モーターによる走行距離とブーストエネルギーが大幅に増加。バッテリー容量は先代モデルの10.8kWhから約30%増加して14.1kWhとなった。13のプリズムリチウムイオン電池を備えた8つの電池モジュールで構成される水冷式バッテリーは、リヤのローディングフロアの下部に搭載されている。

充電の管理は「ポルシェコミュニケーションマネージメント(PCM)」と「ポルシェコネクトアプリ」によって行われ、アプリからのリモート操作でチャージング開始時間の設定やバッテリー残量の確認が可能。またエンジンが掛かっていないときでも、スマートフォンを通じてオートエアコンの操作ができる。

ポルシェは「カイエンEハイブリッド」のドライブトレインを一新。新しいハイブリッドモジュールは、エレクトリックシステムと分離クラッチにより、高度に統合。先代のスピンドルアクチュエーターによる電気油圧式システムとは異なり、電気機械的に作動する分離クラッチは、反応時間をさらに迅速にした。

カイエンの全モデルに搭載された新開発のティプトロニックSは8速に進化。この新しいオートマチックギヤボックスはよりスムースで快適性を増しただけでなく、変速スピードも短縮。変速時に失っていたトラクションも大幅に減少している。

スポーツカーに匹敵するドライビングダイナミクス

「ポルシェ トラクション マネジメントシステム(PTM)」により、「カイエンEハイブリッド」は電子制御マルチプレートクラッチによるアクティブ制御4WDを装備。「ポルシェ トラクション マネジメントシステム(PTM)」は、広範なトルク配分によって、ドライビングダイナミクス、俊敏性、トラクションコントロール、オフロード性能に大きなメリットを提供する。

「カイエンEハイブリッド」はシャシーも進化。新世代カイエン全モデルと同様、スポーツカーに匹敵するドライビングダイナミクスが提供される。「ポルシェアクティブサスペンションマネジメントシステム(PASM)」を標準装備。また、ハイブリッドモデルでは初めて、「ポルシェダイナミックシャシーコントロール(PDCC)」がオプションとして選択可能になった。

(GENROQ Web編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事