車両価格5万9000円のEK3シビックフェリオがUSDM仕様に大変身! ランボルギーニ純正色で美しくドレスアップされた外装も注目だ!

ランボ純正色で身を包んだ超極上カスタムのシビックフェリオ!

カラーチョイスとホイールで魅せるUSDM仕様

5万9000円という破格値で購入したファミリーカーだったが、USDM系カスタムを得意とするタクティカルアートに通っているうちにカスタムが加速。いつの間にか、超極上の仕上がりを誇るUSDM仕様のシビックフェリオへと進化してしまったのがこのマシンだ。

外装は、純正バンパー+純正タイプのグリルでシンプルにまとめているが、ボディカラーはランボルギーニ純正アランシオアトラスへとチェンジして存在感を静かに主張する。足元を飾るホイールは2ピースのCCW LM20でサイズは15インチの9Jだ。ブラッシュドクリアアルマイトのディスクとハイポリッシュリムの組み合わせで、シンプルだか質感と存在感は突出している。

グレーに塗装されたエンジンルームもこのマシンの見所だ。ワイヤータックに着手するついでにDC2のB18Cへとスワップ。さらに、究極のシンプルを求めてリザーブタンク別体式のS2000純正クラッチマスターを導入している。

インテークパイプはステンレスの切り曲げで構築し、鏡面加工を施す。無限のエキマニも丹念に磨き上げられている。

驚かされるのは、エンジンルーム内のボルトを全てダウンスター製に交換していること! マニアックなカスタムだが、こうした拘りがマシンの完成度を高める要因に繋がっていることは言うまでもない。なお、ワッシャーはスタンダードなアルマイト仕上げの他、カラフルなビューティフルワッシャーも用意。豊富なバリエーションが揃っている。

一方の室内は、ボルトを1本も使わずフル溶接で構築されたロールケージがレーシングテイストをアピール。なお、ロールケージはクスコのEK4用をベースにしているそうだ。その他、シートはブリッドのジータIIIスポーツC、シートベルトはブラックのタカタ3インチを選び、カラーコーディネートする。

乗降性を優先して、フロントにはサイドバーを入れずリヤに追加しているが、内装が干渉したためリヤのドアトリムをワンオフで製作。そこまでして内装を残すのがスマートなストリート仕様を完成させるための流儀なのである。

【関連リンク】

タクティカルアート 大阪府摂津市鳥飼中2-1-82 TEL:072-628-8806
http://www.tactical-art.jp/

web option編集部

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事