「万能型で仕上げられたZC33Sスイスポ」最大ブースト1.2キロの快速ホットハッチ仕様!

あらゆるステージで速いスイスポを目指す!

パフォーマンスとスタイリングを両立

スイスポチューンのスペシャリストとして、オリジナルパーツ開発からチューニングの最先端を支え続けるアールズ。現行のZC33Sもデリバリー直後から様々なパーツ開発を開始し、すでにトータルチューニングも可能にするほどのバリエーションをラインアップしている。その実力はストリートからワインディング、さらにサーキットまで存分に楽しめるスペックを実現しているほどだ。

そんなアールズのデモカーには吸排気のチューンに加え、最大ブースト1.2キロでセットしたオリジナルコンピュータ「スーパーロムECU」との組み合わせで、最高出力は165psにまでアップ。他メーカーに先駆けていち早くコンピュータを手がけたことは、スイスポチューニング業界の活力剤となったことは間違いなく、スポーツ性を引き出す下地を作り上げたのである。またオリジナルの軽量フライホイールをプラスし、ハイレスポンスに楽しむことができるのもデモカーの特色といえるのだ。

なお、排気系はオリジナルのレーシングフロントパイプと左右出しマフラーを組み合わせ、パフォーマンスとサウンドの強化を果たしている。

エンジンのパフォーマンスアップに合わせて足回りもオリジナルダンパーを使用。このダンパーはユーザーがスイスポに合わせる定番タイヤサイズを想定して開発。そのため走るステージを選ばず幅広いユーザーニーズに対応するといったフレキシブルなスペックに仕上げられているというわけだ。またクスコ製のLSDとの相性も良く的確に路面へとパワー伝達をサポート。

エンジンチューンやサスペンションといったパフォーマンスに関わるアイテムの開発はもちろん、エクステリアパーツも積極的に展開している。複雑な形状を再現したウエットカーボン製リアウイングは根本的なパフォーマンスアップによるスポーツ性だけでなく、空力から視覚的にもスポーティなイメージを作り上げることができる。

一方のインテリアは、センターコンソール内にAF計と油温、油圧計を設置。高回転まで多用するため、オイル関連の数値はきっちりとモニタリングしている。

さらにインテリアの小物グッズとして注目したいのがオリジナルのフロアマット。裏面が粘着フェルト生地のため滑り防止も完璧で、スポーツ走行をアシストしてくれる。

これまで歴代スイスポではチューンを牽引していたアールズ。そのノウハウをもとにターボエンジンで新たに生まれ変わったスイスポを華麗にアップデイト。オーナーが求める楽しく遊べるスポーティスペックは、やはりスイスポのスペシャリストだからこそ実現できるというわけだ。

【関連リンク】

アールズ TEL:053-431-6303
https://www.rsrs.jp/

web option編集部

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事