「Porsche Sportscar Together Day 2019」、6月15〜16日に富士で開催

“ポルシェファン”のためのサーキットイベント

ポルシェ ジャパンは、6月15日(土)、16日(日)の2日間、富士スピードウェイにおいて「Porsche Sportscar Together Day 2019 」を開催する。

「Porsche Sportscar Together Day 2019 」は、ポルシェ ジャパンが主催する年に一度のポルシェファンのための祭典。2017年と2018年にも同様の趣旨で、富士スピードウェイにおいて「Porsche Experience Day」を開催してきたが、3回目を迎える今年からイベントの名称を「Porsche Sportscar Together Day」に変更。富士スピードウェイをポルシェ一色に染め上げる。

新型ポルシェ911(992)を日本初公開!

記念すべき初開催となる「Porsche Sportscar Together Day 2019」では、昨年11月のロサンゼルス・モーターショーでワールドプレミアを果たした新型ポルシェ911(タイプ992)を、全国のポルシェセンターでの展示に先駆けて初披露する。

また「Porsche Experience Day 2019」として、「ポルシェ カレラカップ ジャパン(PCCJ)」と「ポルシェ カレラカップ アジア(PCCA)」を開催。さらに、新設された「ポルシェスプリントチャレンジジャパン(PSCJ)」において、718ケイマンGT4クラブスポーツがデビュー。PSCJと同じく今年から始まるポルシェ ジャパン主催のワンメイクレースシリーズ「Porsche Esports Racing Japanシリーズ1」の決勝も開催される。

快適に観戦が可能な「ポルシェ ラウンジパス」を販売

サーキットエリア以外にも、レースがスタートする直前の緊張感漂うドライバーやチームスタッフを間近で見ることができる「グリッドウォーク」や、アパレルからミニカーまで幅広いラインナップを取り揃える「ポルシェ ドライバーズセレクション」の販売など、数多くのプログラムを用意。ポルシェオーナーはもちろんのこと、ポルシェオーナー以外の来場者も楽しめる内容となっている。

「Porsche Sportscar Together Day 2019」の参加にはパスの購入が必要。パスはエクスクルーシブな空間で、軽食とともに快適なレース観戦を楽しめる「ポルシェ ラウンジパス」と、レース観戦を基本とした「ポルシェ ビジターパス」の2種類を用意している。

「ポルシェ ラウンジパス」は1日につき1万5000円(1名)、「ポルシェ ビジターパス」は1日につき2000円(1名)となっている。詳しい購入方法などは、下記特設サイトをご参照いただきたい。

【イベント概要】

名称:「Porsche Sportscar Together Day 2019」
開催日:2019年6月15日(土)、16日(日)
開催時間:8:00〜18:00
会場:富士スピードウェイ

(GENROQ Web編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事