アウディTT/TTS、エクステリアをよりスポーティに変更

Audi TT Coupe

アウディ TT クーペ

エントリーモデルのエンジンパワーを強化

アウディ ジャパンは、プレミアムコンパクトスポーツ「TTシリーズ」の改良を敢行。「TT クーペ 40 TFSI」は5月9日から、「TT クーペ /TT ロードスター 45 TFSI クワトロ」、高性能バージョン「TTSクーペ」は6月10日から日本での販売をスタートする。

アウディTTは、1998年に1世代目が登場して以来、3世代に渡って進化を続けるプレミアムコンパクトスポーツモデル。初代TTシリーズの国内導入が開始されてから20年が経過した2019年、エクステリアデザインをよりスポーティに変更した。さらにFFエントリーモデルの「TT クーペ 40 TFSI」はエンジンパワーを強化、さらに装備を充実させるなど第3世代「TTシリーズ」に大幅なアップデートを行なっている。

日本市場に導入されるのは「TT クーペ 40 TFSI」と「TT クーペ /TT ロードスター 45 TFSI クワトロ」、高性能バージョンの「TTSクーペ」の4モデル。スポーツモデルにふさわしく軽量かつ高剛性なアルミニウムとスチールの複合構造ASF(アウディスペースフレーム)のボディに、全モデルが2.0リッター直噴ガソリンターボエンジン(2.0 TFSI)を搭載する。

今回、FFのエントリーモデルである「TT クーペ 40 TFSI」に搭載されるエンジンが従来比で+17ps/+70Nmアップし、最高出力197ps、最大トルク320Nmとなり、パフォーマンスが大幅に向上している。

R8のエッセンスを取り入れたシャープなエクステリア

スタンダードモデルのエクステリアは、従来の「S line」エクステリアのデザインを取り入れ、バンパー、サイドスカート、リヤディフューザーのデザインを変更した。また、シングルフレームグリルはマットブラックペイントの立体的な3Dハニカムメッシュグリルを採用。「R8」のエッセンスを取り入れたことで、よりシャープな印象を得ている。

さらに「TTSクーペ」とオプションの「S lineパッケージ」装着車は、バンパー、サイドスカート、リヤディフューザーのデザインを一新。テールライト下部にエアアウトレットを模したデザインエレメントが追加された。また、シングルフレームグリルは、「S lineパッケージ」装着車がグロスブラックペイントの立体的な3Dハニカムメッシュグリルに、「TTSクーペ」は専用のアルミルックインサート付きマットブラックペイント仕様となる。

インテリアの質感も大幅にアップ

インテリアは、従来「S lineパッケージ」装着車のみの設定だった、エクステンデッドアルミニウムルックインテリア(ウインドウスイッチ/ペダル)を、オプションのスタイルパッケージ(40 TFSI)やコンフォートパッケージ(45 TFSI クワトロ)に新設定。

また、レザーパッケージに、ドアアームレストやセンターコンソールも同色となるカラーエクステンデッドレザーを新採用(45 TFSI クワトロ/TTS クーペ)。「S lineパッケージ装着車」ではシートをSスポーツシートに変更。表皮素材はアルカンターラとレザーの組み合わせで、ダイヤモンドステッチを配し、スポーティさに加えて、プレミアム感を大幅に高めている。

ボディカラーはターボブルー(S lineパッケージ/TTS クーペ専用)、パルスオレンジ、コスモブルーメタリックの3種類の新色を追加。「TTシリーズ」の個性的なデザインをよりいっそう引き立てている。

【車両本体価格(税込)】

TT クーペ 40 TFSI:479万円
TT クーペ 45 TFSI クワトロ:599万円
TT ロードスター 45 TFSI クワトロ:615万円
TTS クーペ:799万円

(GENROQ Web編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事