快適性が保たれて高性能! アウディ「A4 」& 横浜ゴム「ブルーアースGT AE51」でプレミアム・ドライブ【PR】

Audi A4 & YOKOHAMA BlueEarth GT AE51

アウディA4 & 横浜ゴム ブルーアースGT AE51

プライベートこそ“相棒”選びは重要

日々、仕事に追われる中、ごく稀に訪れる休日を如何に有効かつ有意義に使うのか、忙しいエグゼクティブほど、そうしたことを考えているといいます。1泊2日で温泉にでも行って、ほんのひと時でいい、のんびりと過ごしたいと思うなど、人ぞれぞれですが、そうした貴重な時間を使うにも“相棒”選びは重要です。完全プライベート、しかも誰にも知られなくないし、目立つことも避けたいと願う人にとっては、特別な1台で旅するよりも、むしろ行動しやすい適度なサイズをもつプレミアム・セダンなど、日常性を優先したクラスが好まれています。

特にアウディはその好例です。最近主流となっている、これみよがしの押し出しもなければ、スポーツばかりを主張しません。中でも、アウディA4は、こういった使い方をするにも最適で、温泉街などの狭い路地で乗るにも取り回しやすく、ロングドライブなら高燃費をみせるうえ、付き合いやすさがあります。ましてや目立ちすぎず、スタイリッシュ。今回、個人的にA4とともに過ごして心底そう感じました。特に「A4 35 TFSI スポーツ」というグレードは、適度なパワーに十分なトルクをもつだけに、実はこうした旅で使うには、ちょうどいい性能で、たとえプレミアムでも気軽さが重なります。

タイヤの選択次第でクルマの印象は変わる

しかし、癒やしを求めるには、こうした車両の条件だけでもないのは事実。いわゆる“快適性”を本当の意味で味わうには、実のところタイヤの選択が重要で、極端なことを言ってしまえば、タイヤのチョイスでクルマの印象はだいぶ変わってしまうのは間違いありません。

そして、その快適性にもまた、さまざまな要素が潜みます。長距離を移動するには極上の乗り心地が大前提で、そのうえで、しっかりとした感触が望まれますし、高速道での移動は直進安定性が重要です。温泉街に向かうには峠道を通過することが多いため、適度なタイヤの剛性感も望まれますし、さらに雨天の時などでは、不安を払拭するほどの制動性に加えて、燃費性能も気になります。

ワンクラス上の性能をみせる「ブルーアースGT AE51」

こうした条件は、多くのタイヤメーカーが目標としているとはいえ、実際に付き合ってみると、思いのほか想像と違うことが多いのですが、今回、旅の友として選択した、横浜ゴムの「ブルーアースGT AE51」は、アウディA4との相性も非常によく、修善寺までの移動はもちろん、そこから足を伸ばして絶景を見に行くために通った西伊豆スカイラインの峠道でも、安定した走行性をみせてくれました。

中でも感心したのは、高い操縦安定性です。アウディA4自体の出来の良さもありますが、ブルーアースGT AE51がみせるその感触は、さらにワンクラス上の車両に乗っているようでした。常にしっかりとした剛性感が得られるうえ、急に回り込むコーナーでも安心感が高く、ヨレ感が少ないのです。それでいて乗り心地もよく、静かだから、こうして旅先で乗り回しても頼りになります。しかも、段差のきついところを通過しても極度な突き上げ感もなく、快適性が維持されるから実に好ましく思えました。

これは“サラッとした高性能”とでも言いたくなる印象です。非常に親しみやすく、実に頼もしい。プレミアムな快適性とは、このことを示すのかもしれません・・。

TEXT◎野口 優(Masaru Noguchi)
PHOTO◎小林邦寿(Kunihisa Kobayashi)

【問い合わせ】
・横浜ゴム TEL  0120-667-520

・アウディ コミュニケーションセンターTEL  0120-598-106

(GENROQ Web編集部)

Sponsored by YOKOHAMA RUBBER

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事