ポルシェ ジャパンがカイエンSをFRO車両としてSUPER GTに提供

Porsche Cayenne S FRO

ポルシェ カイエンS FRO

SUPER GT全戦で救急活動車両として使用

ポルシェ ジャパンは、GTアソシエイション(以下GTA)が主催する「SUPER GT」シリーズのファースト・レスキュー・オペレーション車両(FRO)として、カイエンSを提供した。FROはシリーズ全戦においてドライバー、ドクター、レスキュースタッフが乗車。レース中にアクシデントが発生した際、迅速に救助活動を行うことを目的としたドライバーレスキュー車両となる。

車両の贈呈式は4月14日に「ポルシェカレラカップジャパン(PCCJ)」とSUPER GTの開幕戦となった岡山国際サーキットにおいて行われている。

マカンターボに代わりカイエンSを採用

ポルシェ ジャパンでは2012年にカイエンSハイブリッドを、2015年にはマカンターボをFROとして提供しており、新たにカイエンSへと車両を入れ替えることで、速やかな救助活動を実現。GTAが取り組む安全性の高いレース運営に貢献する。

カイエンSはプレミアムSUVセグメント随一のスポーツSUVとして第3世代へと進化。パワフルなターボエンジン、新開発8速ティプトロニックSトランスミッション、新しいシャシーシステムを採用した。さらに総合的なコネクティビティを備えた革新的なディスプレイとコントロールコンセプトを備え、デザインは911をベースにしている。

最高出力320kW(440ps)を誇る2.9リッターV型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、その最高速は265km/hにまで達する。

(GENROQ Web編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事