24台限定のアストンマーティン DBS 59、1号車がゲイドンで完成

Aston Martin DBS 59

アストンマーティン DBS 59

1959年のル・マン24時間1-2を記念した限定車

アストンマーチンのモータースポーツ史上最も輝かしい瞬間を記念し、「DBSスーパーレッジェーラ」をベースにした限定モデル「DBS 59」。その1号車が、ウォリックシャー州ゲイドンのファクトリーで完成した。「DBS 59」は、アストンマーティンのビスポーク部門「Q by Aston Martin」の手により、同社のデザインチームとの密接なコラボレーションにより完成している。

1959年、アストンマーティンはキャロル・シェルビー/ロイ・サルヴァドーリ、モーリス・トランティニアン/ポール・フレールのドライブにより、2台の「DBR1」でル・マン24時間レースに参戦し、1-2フィニッシュ達成。この祈念すべき「59年」にちなんだ「DBS 59」は、わずか24台が限定生産される。

ボディカラーは専用の「レーシンググリーン」

ボディカラーは「DBR1」を現代によみがえらせた「アストンマーティン・レーシンググリーン」を採用。通常のラインナップにはないこのボディカラーは、「DBS 59」のためだけにチョイスされた。またルーフパネルやボンネットルーバーに、グロス仕上げのカーボンファイバーを使用している。

ボンネットバッジ、オーダーメイドのフロントグリル、ブレーキキャリパー、21インチ鍛造Yスポークサテンダブルトーンホイールなどには、アクセントカラーの「ブロンズ」を採用。

フロントフェンダーにはシリアルナンバーが入る「ラウンデル」を配置。また、リヤのカーボン製エアロブレードの表側に「DBR1」のイラスト、裏側に「DBR1/2」の名称・エンジンナンバー・シャシーナンバーを入れた、ブロンズ製インレイを加えている。

当時のシート素材を分析し、現代に再現

インテリアに関しては、「Q by Aston Martin」が「DBR1」で使用されていたオリジナルのシート素材を分析。オブシディアンブラックとチェスナットレザーの組み合わせによる、洗練されたインテリアを作り出した。

シフトパドルとシートバックには「59 Edition」の刺繍ロゴを配置。サンバイザーにも決勝日の日付、24時間で走破した323周が刺繍された。

レプリカヘルメットやレーシングスーツも付属

さらにレプリカヘルメット&バッグ、ブルーのレーシングスーツ、キャロル・シェルビーが着用したグローブのレプリカも付属される。

パワートレインはベースとなった「DBSスーパーレッジェーラ」を引き継ぎ、5.2リッターV型12気筒ツインターボエンジンを搭載。最高出力725ps、最大トルク900Nmを発揮し、最高速度は340km/hを実現する。

アストンマーティンの歴史と未来を紡ぐ絶妙なバランス

アストンマーティンのQ部門とVIPセールスのディレクターを務めるサイモン・レインは、「DBS 59」について以下のようにコメントした。

「この『DBS 59』は、我々が持つ歴史と、これからの未来を絶妙にバランスした、時代を超えるデザインを実現しました。また、ベースとなった『DBSスーパーレッジェーラ』は、最もパワフルなロードカーです。ル・マン24時間での歴史的な1-2フィニッシュから60周年を記念する1台としては、これ以上にないものが完成しました」

(GENROQ Web編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事