オトコ顔負けのハイチューンECR33で頂点を目指すドラッガー姐さん!

ECR33スカイラインに700馬力の強心臓をインストール!

RB26改2.8L+T88-38GKタービンをブースト1.5キロで回し切る!

「チューニングカーはドラッグオンリー!」と豪語するのは、オーナーのCHIZUさん。プロショップスクリーンにて0-400m特化マシンとしてECR33をチューニングし、積極的にドラッグイベントに参戦しているパワフルな女性だ。OPTION誌が取材したD&Sナイト(仙台ハイランドで開催されていたゼロヨンイベント)では、ベストタイム更新には至らなかったが11秒324という好タイムをマークしていた。

そんな彼女の愛機は、文字通りのフルチューン仕様だ。

エンジンはN1ブロックにHKS2.8Lステップ2キットを組み込んだRB26に換装。T88H-38GKタービンをブースト圧1.5キロで回し切り、ダイナパック計測で約700psを叩き出す。ちなみに、スクリーンの復刻版チタンタワーバーや、ヴェイルサイドのサージタンク&スロットルといったレアなアイテムが多数装着されている。

700psを受け止める足回りのチューニングも徹底。車高調にはD2ジャパンのドラッグ専用モデルを装着。また、ドライブシャフトは純正をベースに加工を施したワンオフ品で、フージャーのドラッグラジアルの強烈なグリップ力に負けない耐久性を確保している。

インテリアも、インパネはドアトリム以外取り払われており全く女性らしさを感じないスパルタンな仕上がり。センターパネルにはスターターやEVC、ミクスチャーコントローラーなどが埋め込まれている。ちなみに、ミッションはHKSの6速ドグだ。

トランクの内部にはアルミの燃料タンクと、ボッシュ製の燃料ポンプを2基搭載。ボディはリフレッシュ後、内外装ともに再塗装されており、非常に美しい仕上がりを誇る。

「ドラッグ仕様ってパワーが出ればいいってものじゃなくて、個々のユーザーに合わせたパワーの出し方が重要なんです。CHIZUさんはとにかくアクセルを踏むので、高回転まで回すことよりも中間域でドカンとパワーが出るように、排気量アップなどを行っていますね」と話すのは、マシンメイクを担当したスクリーンの千葉代表。

CHIZUさんに今後の意気込みを聞いてみると「このクルマでポテンシャル的に足りないところはないです! あとは私の腕を磨くだけですね。女性にももっとドラッグを楽しんでもらえるようにがんばります!」と返してくれた。最近はいろいろなジャンルで女性の活躍が目立ってきているが、それはドラッグの世界でも例外ではないようだ。

スペック

■エンジン:RB26DETT改2.8L仕様(N1ブロック)/HKS 2.8Lキットステップ2、EVC/トラスト T88-38GKタービン、インタークーラー、ラジエター/ヴェイルサイド サージタンク/ボッシュ・燃料ポンプ×2/サード・インジェクター/ワンオフマフラー

■ドライブトレイン:HKS 6速Hパターンドグミッション

■サスペンション&ブレーキ:D2ジャパン・ドラッグサスペンション、ブレーキキャリパー(F8ポット R4ポット)、前後356mmローター

■ホイール&タイヤ:フージャー ドラッグラジアル(R315/30-18)

■インテリア:ワンオフダッシュ貫通ロールバー/モモ・ステアリング/スタック 追加メーター

web option編集部

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事