平成のカスタムシーンを賑わしたミニバン【ACR/MCRエスティマ(30系)】

30系エスティマのカスタム記録

高級ミニバンカスタムの先駆け
エアログレード“アエラス”が人気


ミッドシップレイアウトなど革新的なパッケージとスタイリングによって、「使う心地良さと走る心地よさの融合」というコンセプトを定着させた初代エスティマ。その初代登場から約10年後、平成12年1月に2代目へとフルモデルチェンジ。2代目は「次世代の高級ミニバン」をテーマに開発され、FFレイアウトへと変更。車内スペースの拡大、乗降性や静粛性の向上など、使いやすくプレミアムなクルマへと進化した。エンジンはV6の3L(MCR)と直4の2.4L(ACR)。デビュー当時の車両価格は229万円〜334万円。
2代目は、今で言うエアログレードの走り的存在となったアエラスというグレードが人気だった。アエラスは、初代の時も途中から設定されていたが、2代目はエアロ形状のスポイラーやエッジの効いたサイドパネルなどが備わっていて、より分かりやすくスポーティな雰囲気だった。2代目エスティマは、30(サンマル)エスティマと呼ばれ、TCRや現行50系と区別され、平成18年1月に3代目50エスティマが登場するまで販売された。
初代同様、30エスティマもカスタムシーンでは主役級の人気車。スタイリッシュなワンモーションシルエットは、車高を落とせばかっこ良く、VIP、ラグジュアリー、ユーロ系など様々なデザインのエアロパーツが出揃い、イジり方も多彩だった。

ギャルソン・D.A.D LXエディション

小振り内巻きエアロや逆反り大口径ホイールなどで一世を風靡したラグジュアリースタイル。その先端を走っていたブランドのひとつが、今なお人気を誇るギャルソンのD.A.D。写真の30エスティマは、ハーフタイプのLXエディション装着車。ホイールは斬新かつ大胆なフェイスデザインのツェンレイン。一部サイズは今でも販売している。

ギャルソン・ジェレイド

VIPブームを牽引したギャルソンのジェレイドシリーズ。強烈な押し出し感を持ったフルバンパーや重厚感溢れるサイドステップ&ドアパネルなど、インパクトが抜群だった。フォグ位置が奥まっているのも、この頃の特徴だ。

ケンスタイル・EIK(イーアイケー)

欧州車のカスタムを感じさせるスポーティかつエッジの効いたデザインを採用する老舗ケンスタイルのEIK(イーアイケー)。VIPスタイルなど押しの強いスタイルがはやっていた頃でもあり、ユーロ系デザインとはいえ、ボリューム感も強調されていた。ケンスタイルはエスティマに力を入れていて、30系では前後期合わせて10モデルをラインアップしていた。

トップライン・アルナージ

ユーロスポーツをコンセプトに開発されたトップラインのアルナージシリーズ。抜群のバランスを誇ったボリューム感で、丸みを帯びたバンパーラインはそれまでの激し目なカスタムとは一線を画す存在だった。トップラインはミニバンのチューニングにも力を入れており、30エスティマのV6用に3.3Lのコンプリートエンジンやターボキット、等長エキマニなどもラインアップしていた。

エムズスピード・エクスクルーシブゼウス エグゼライン

程よいボリュームを持たせた内巻き系エアロのエグゼライン。アールを効かせたシルエットは、インパクトはあるものの、上品でお洒落。ハーフタイプのグレースラインもある。

アドミレイション・ベルタ

内巻きデザインで上品なスタイリングを魅せるアドミレイションのベルタシリーズ。アドミレイションではベルタの他に、アドミレイション、デポルテ、セレブレイト、アルカーノと、多彩なシリーズでエスティマ用のエアロパーツをラインアップ。一部はまだ購入可能だ。

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事