「アルトワークスの恐るべき戦闘力を再確認!」リミッターカットのみで最高速155キロオーバーの実力

HA36Sは軽自動車の枠を超えた速さを持っていた!

最高速155キロは通過点!? エンジン的にはまだまだ伸び代がある!

試乗した人たちがこぞって「軽とは思えないくらい速くておもしろい!」と賞賛するHA36Sアルトワークス。エンジンこそ軽自動車の規制枠のために64psと控えめではあるものの、トルクは10.2kgmとKカーのエンジンの中ではトップクラス。さらに、そのエンジンを720kg(4WD)という軽量なボディに搭載し、5速MTのシフトフィールや足回りもスポーツカーとして仕立てられており、チューニングベースとして興味を持っている人は多いだろう。

そんな声に応える形で、OPTION誌の最高速テストにアルトワークスを持ち込んでくれたのがタイヤラウンジ。

エンジンに関してはオリジナルのBBRスピードコントロールキャンセラーでスピードリミッターを解除してきただけで、その他のパーツはフルノーマルという状態だ。

一方の足回りは、オリジナルのサスペンションキットとブレーキパッドを装着し、トラクションコントロールなどの電子制御をキャンセルする『VSCC』もインストール。これはボタン操作でオンオフできる便利システムだ。

言ってみればノーマル状態のアルトワークスを体力測定と加速インプレッションをしたようなものだが、その数値やインプレは興味深い。

試験路での最高速度は155.57キロを記録。アタックを担当したレーシングドライバー木下みつひろ氏は「エンジン関係はスピードリミッターのカットのみということでしたけど、チューニングによる伸びしろがありそうなエンジンですね。今までの軽自動車って、5速に入れると伸びるとかそういうレベルではなく、完全にクルージングの燃費を稼ぐギヤ比とパワーでしたけど、このクルマは5速でもまだ加速しています。また、スタート時のホイールスピンは最小限。フロントのトラクションを有効に活用できるサスの味付けも良い感じでしたね」と高評価。

リミッターカットのみでこのテスト結果なのだから、吸排気系やECUチューニングを施せば、まだまだポテンシャルを引き出すことができそうだ。なにはともあれ、ノーマルのKカーでオーバー150キロという記録はハンパではない。

スペック

■エンジン:タイヤラウンジ BBRスピードコントロールキャンセラー、ビークルスタビリティコントロール ■サスペンション:タイヤラウンジ RSダンパー、BBRブレーキパッドサーキットスペック ■タイヤ:アドバンネオバAD08R(165/55R15) ■ホイール:BBS RG-F(6J×15+45) ■インテリア:プロドライブ ステアリング

【関連リンク】

タイヤラウンジ 野口商会
http://www.arena-koyu.com/

web option編集部

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事