FC3Sのイメージを崩さず低さと美しさを追求した大作!

純正イメージを崩さずUSスタイルの大胆カスタムに挑戦

エンジンルームの作り込みも凄まじいレベル!

遠目に見るとR34GT-Rのニュルカラー(ミレニアムジェイド)にオールペンしただけのように思えるが、間近で見ると驚くほど低い。

話を聞くと、オーナーはもともと首都高などを走っていたが、幼少のころから好きだったFC3Sを手に入れたことを機に、魅せる愛車作りに挑んでみようと思いこのスタイルに辿り着いたという。ちなみに、仕上げたのはNOB谷口(谷口信輝)のS15シルビアも手がける神奈川県の技術派チューナー「Nステージ」だ。

流行の極低スタイルの中にも、どことなく走りのテイストを感じるのはオーナーのそう言った背景があぶり出されているからなのかもしれない。

FC3Sの外観をイジることなく作り上げたかったというエクステリアのポイントは、まずボディカラーに映えるアラビアンゴールドのディスクを選んだバラマンディのToman。車高を落とすためにあえて選んだ17インチ10Jには215幅のタイヤを引っ張ってインストールした。そして、テインの車高調はストロークを規制するためにフロント20kg/mm、リヤ18kg/mmのレートを選択している。

また、いくつかのパーツをUS仕様にしていることも大きな拘り。パッシングレンズは小さなパーツながらFC3Sの表情を引き締めてくれる。

エンジンルームの作り込みも凄まじいレベル。ボディ同色にカラーリングされているのはもちろん、不要なものは取り除かれ、配線は極力見せぬよう取り回しを大幅変更。バルクヘッドやサイクルフェンダー、マスターバックなどうまく面を使ってスッキリと魅せている。このエンジンルームにインタークーラーをVマウントするための配管は狭いスペースに絶妙な取り回しで製作されている。サージタンクはFD3S用だ。

マフラーはロータリー乗りとしてのアイデンティティでもあるRE雨宮のドルフィンテールをチョイス。珍しいタイプのエアロミラー、リヤサイドマーカー、フロントパッシングレンスも北米仕様のものを苦労して揃え装着した。

一方のインテリアは、一見するとノーマルだが、現在入手困難なアンフィニグレードのセミバケットシートをセレクトしたり、スピードメーターをUS仕様のマイル表示仕様に変更するなど、マニアックなカスタムを追求している。

現在は、最初に思い描いたカタチに仕上がったところだというが、今回の撮影でサーキットに来て、走りたい願望が再燃中!? 車高を少し上げようか…パワーチューニングに取り組もうかと悩んでいたので、この先もブラッシュアップが進んでいくに違いない。

スペック

13B-Tノーマル/FD3S用サージタンク/RE雨宮チタンドルフィンテールマフラー/ワンオフVマウントシステム/マツダスピード機械式LSD/テイン車高調/スーパーナウアッパーマウント/バラマンディ(BMD)Tomonホイール(F9.5J-17+10 R10J-17+10)/ワンオフサイクルフェンダー/US純正サイドマーカー/パッシングレンズ/エンブレム/メーター/エアロミラー AR-Fフロントバンパー/アンフィニ純正シート 他

【関連リンク】

Nステージ
https://www.n-stage77.com/

web option編集部

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事