V36スカイラインの「250GT」を過給機チューン! ノーマルから120馬力アップを達成した快速セダン!

VQ25HRエンジンにGTS7040をカスタムインストール

吸排気仕様から巧みにステップアップ

Z34と同じVQ37HRを搭載するV36スカイラインはチューニングベースとしても一定以上の人気を保つモデルだが、ここで紹介するのは2.5LのVQ25HRを搭載する250GTという廉価グレードがベースだ。

吸排気系のNAチューニングを重ねてきた車両だったが、ステップアップのために兵庫県のチューニングショップ「ピットロードM」にてスーパーチャージャーによる過給機チューンを敢行。「それまでに装着したパーツ類を活かしたまま、エンジンをパワーアップしたい」というオーナーの要望を満たした仕様だ。

VQ25HR用のスーパーチャージャーキットは市販されていないため、カーメイキングレヴュー製のZ34用GT7040スーパーチャージャーキットを加工して装着。そのままだと燃料系が容量不足になるため、インジェクターと燃料ポンプを強化している。

冷却系もキッチリ手が入る。GTS7040によって過給された吸入空気は、HKS製の前置きインタークーラーによって冷却され、左右バンクのスロットルに分かれていくレイアウトを構築。狭いエンジンルーム内で見事にパイピングさせている。

さらに、パワーアップしたトルクを受け止めるATもノーマルでは厳しいため、専用のオイルクーラーをフロントバンパー脇にインストールした。

排気系はアミューズコーポレーションのR1チタンをチョイス。もともとVQ37HR用の60φデュアル構造ということもあって、スーパーチャージャー装着でも排気効率は抜群だ。

「サーキット走行会へ参加された時にストレートでパワー不足を感じたようで、そこから『どうしましょうか?』という感じで考えられたスーパーチャージャー仕様です。すでに装着していた吸気系のパーツやエキマニ、マフラーをできる限り活かして作り込みました」と、ピットロードMの小林さんが語る。

VQ25HRエンジンは圧縮比が10.3:1と最近のNAエンジンとしては低いため、小径プーリーを使ってブースト圧を0.6キロと高めに設定。ピットロードMオリジナルのセッティングが施されROMチューンによって点火時期や燃調が制御され、320ps&40kgmという大トルクを生み出している。

もともとカタログスペックの225psに対して実測は200psくらいしかなかったため、実に120psものパワーアップを果たしているのだ。しかも、3000~5600rpmで最もトルクを発生するため、街乗りからサーキットまで乗りやすく仕上がっていると言う。

また、サーキット走行会に参加するだけあって、サスペンションはHKS製のハイパーマックスIIIダンパーを装着し、ブレーキも前後V36クーペ用を流用して大容量化する。

インテリアにはスーパーチャージャー仕様の証ともいえるブースト計が鎮座する。最近はそれほどサーキットへも行かなくなり、高速道路を気持ちよくドライブできることが優先になりつつあるそうで、レカロのセミバケットシートはその一環となる。

走るためのパワーだけでなく、曲がるためのサスペンション、止まるためのブレーキも抜かりなくチューニング。全方位、スポーツセダンらしい拘りのパーツセレクトがされている1台だ。

スペック

エンジン:HKS GTS7040(最大ブースト圧0.6キロ)、インタークーラー/ピットロードM ECU書き替え/R35GT-R純正550ccインジェクター/RH9燃料ポンプ/トラスト エアクリーナー/マキシムワークス エキマニ/サード メタルキャタライザー/アミューズコーポレーション R1チタンマフラー ■サスペンション:HKS ハイパーマックスIIIダンパー ■ブレーキ:V36クーペ用ブレーキキャリパー ■タイヤ:ファイアストン ファイアホークワイドオーバル(F245/35-20 R275/30-20) ■ホイール:ワーク シュヴァート(F8.5J×20+28 R9.5J×20+37) ■インテリア:デフィ ブースト計/レカロ スポーツスター

【関連リンク】

ピットロードMマシンファクトリー
http://www.pitroadm.com/

web option編集部

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事