4代目レクサスLS460を500馬力までドーピング! メルセデスAMGにも負けない超速チューニングセダン!

ロトレックス仕様で500馬力オーバーを達成したレクサスLS460

高級車らしい美観と高出力を両立!

シルバーで統一されたエンジンルームに鎮座するロトレックスのスーパーチャージャーが特徴的な先代レクサスLS460。パワーLLC.(元パワーエンタープライズ)が製作した4代目の後期型モデルだ。

もともとは前期型と中期型のLS460用スーパーチャージャーキットを手がけていたパワーLLC.に「後期型LS460で装着したい」というオーナーの依頼が事の始まりだった。

「多少の加工はありましたが、大きな加工や、スーパーチャージャーを装着したことによるコンピュータの不用意な介入などもなく、前期型や中期型と同じような感覚で取り付けできましたね」と語るのはパワーLLC.の開発スタッフ。

1UR-FSEエンジン本体はノーマルのまま、ロトレックス製のスーパーチャージャーとしては最大サイズのC38-91を装着。エンジンの圧縮比を変えていないため、ブースト圧は0.4キロと控えめだが、排気量が4.6Lもあるだけに、ノーマル状態の392psに対して、約520psものパワーを絞り出し、2トンオーバーの車体をグイグイと加速させる心臓部へと生まれ変えているのだ。なお、ブースト圧はプーリー比で、点火時期や燃調はパワーLLC.のP-MAPによって調整している。

また、スーパーチャージャーは常時過給のリリーフ制御があるため圧縮された吸気の熱が蓄積しやすい。そのため、吸入空気を冷やすインタークーラーの性能がターボ車以上に出力に影響する。このLS460ではARC製のインタークーラーを導入している。

「ロトレックスのスーパーチャージャーはレスポンスもいいですし、高速道路でアクセルを踏み込んだ瞬間などに明らかなトルクの違いを感じます。けっこう上まで回るエンジン特性に仕上がっていますしね」。

エンジンのパワーアップを音でも表現しようと、オーナーの拘りを受けて製作された60φデュアルのチタンマフラーも見所のひとつだ。曲げは全てエビ管が使用される凝った作りで、途中でデュアル部分を干渉させてV8ならではのエキゾーストノートが響くように仕上がっている。

エクステリアにも手が入る。エアロパーツはオーナーの好みによってチョイスされたブラックパールコンプリート製で、フロントバンパーのリップ部分には加工が施され、独自のデザインに変更されている。

ホイールは細いスポークと深いコンケイブが特徴的なVOSSEN・VFS1をチョイス。ダクトがデザインされたフロントフェンダーはアーティシャンスピリッツ製。ブレーキはブレンボの6ポッドキャリパーと380mmローターを装着して2トンオーバーの車重に対応している。

一方の足回りは、純正エアサスでは心もとないため、エアランナー社製のエアサスに変更。そのスイッチ類はセンターコンソール内に隠されている。車高が上下できるだけでなく、サスペンション性能もスポーティな仕上がりになり、高速道路などでのレーンチェンジもスムーズになるという。

そう、単純にスーパーチャージャーキットを装着するだけでなく、音質やルックスなどオーナーの拘りが随所に見られるところもこのLS460の特徴なのだ。メルセデスAMGやBMWのMにも負けない戦闘力とアピアランス。個性的なパーツチョイスでありながらも、速さと実用性に優れるスーパーツアラーに仕上げられているというわけだ。

スペック

エンジン:ロトレックス C38-91スーパーチャージャー(最大ブースト:0.4キロ)/パワーエンタープライズ P-MAPコンピューター、エアインパルスII/ARC インタークーラー/ワンオフチタンフロントパイプ、60φデュアルマフラー

サスペンション:エアランナー エアサスキット/TRDサポートバー

ブレーキ:ブレンボ 6ポットキャリパー、380mmローター/エンドレス CC-Rパッド

タイヤ:アドバンスポーツ(F255/30-22 R295/25-22)

ホイール:VOSSEN(F9.5J×22+20 R10.5J×22+20)

エクステリア:ブラックパール フロントバンパー改、サイドステップ、リヤバンパー、リヤスポイラー/アーティシャンスピリッツ フロントフェンダー

web option編集部

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事