ベントレー S2 コンチネンタル フライングスパー。誕生から60年を経ても色褪せない革新性

BENTLEY S2 CONTINENTAL FLYING SPUR

ベントレー S2 コンチネンタル フライングスパー

時代を変えた新開発アルミ製V8ユニットを搭載

2019年、ベントレーは創業100周年を迎えたが、同社の歴史を紡いできたモデルにとっても記念の年となる。中でも「S2 コンチネンタル フライングスパー」は、60年前の1959年に発表され、発売後すぐに好評を博したラグジュアリーサルーン。英国の高級車メーカーであるベントレーが常に革新し続けているブランドであることを示す1台だ。

「S2 コンチネンタル フライングスパー」は、1959年の発売当時、世界で最も豪華で革新的なサルーンとして市場から大絶賛された。搭載された数々の最新装備は、どれも最先端の技術も採用し、コーチビルダーの「H.J.マリナー」の手で丹念にハンドメイドされた。この美しいサルーンは、1920年代からS1まで続いた6気筒ユニットを、軽量アルミニウム製V型8気筒エンジンに換装していた。

出力を大幅にアップさせた、この新開発の「Lシリーズ」アルミニウム製V型8気筒6.2リッターガソリンエンジンは、劇的に走行性能が向上。それ以外にも「電動調整式ライドコントロール」「電気式リヤウインドウデミスター」「プッシュボタン式ウインドウリフト」など、それまでなかった最先端装備が搭載されていた。

革新的な「Lシリーズ」エンジンは、後に「アルナージ」や「ブルックランズ」といったモデルにも搭載され、その確かな性能を証明した。現在の「ミュルザンヌ」にも、その流れを受け継ぐ改良型V8エンジンが搭載されている。

重厚な英国製サルーンが究極のグランドツアラーに

「S2 コンチネンタル フライングスパー」に搭載されたこのV8エンジンは、ベントレーの重厚なサルーンを、これまでにないレベルで滑らかに走らせることができた。パワフルなこのエンジンの誕生によって、英国製サルーンが究極のグランドツアラーへと変貌したと評価されている。

「パワーステアリング」「電動調整式ライドコントロール」「フルオートマチックトランスミッション」を標準装備し、当時としては高性能なエアコンディショニングを備えるなど、究極のラグジュアリー性を実現。また、新しいデザインのダッシュボードとステアリングホイールは、他のモデルとは一線を画すモダンさが印象的であった。

1959年〜1962年にかけて「S2 コンチネンタル フライングスパー」は、合計1900台以上がハンドメイドにより製造された。

それから40年以上の時を経て、2005年に登場した「コンチネンタル・フライングスパー」は、ベントレーの新時代の到来を告げる高級・高性能サルーンとなった。このモデルもまた、当時「世界最速の4シーター」という称号を得ている。

ベントレー創業100周年を迎える2019年、今も「フライングスパー」はベントレーの将来の計画において極めて重要な位置を占めている。即ち、間もなくニューモデルのデビューが控えているのは間違いないだろう。

(GENROQ Web編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事