これがRB26DETTの最終進化形なのか!? 3.1L化+日産純正可変バルタイ搭載でBNR34を全域トルク型マシンへと変貌させる!

実用域で最強クラスのパフォーマンスを発揮するエンジンスペック

両側可変バルタイ&3096cc仕様の快感

ドラッグレースなどで良く知られているためパワーチューン一辺倒とも思われがちなライジングだが、ストリートチューンに関しては“いかにして実用域でグイグイと前に進む、楽しいエンジンを作り上げるか”に拘る。

多くのオリジナルメニューを持つRB26チューンに関して言えば、600psまでどうやって持っていくか?が技術の見せ所であると考え、多くのトライ&メイクを今でも続けている。ここで紹介するBNR34は、そんなライジングの実験機だ。

GT-Rでありながら、フロント245/35-19、リヤ275/30-19と前後異径タイヤの組み合わせが印象的だが、タイヤの外形差は2mm程度しかないので4WDのGT-Rでも問題は起こらないとのこと。

現在の仕様は、ライジングが展開するオリジナル排気量アップキットの中でも最高峰の3.1L仕様。これは、低速トルクを増やすために83mmストロークのRD28用クランクを加工、オリジナルのコンロッド&ピストンなどを組み合わせたものだ。

なお、この3.1L仕様はN1ブロックやセメント補強が前提だが、マージンのある2.9L仕様などもメニュー化されている。中低速トルクは、スタンダードエンジンとは比較にならないほど高くなることは言うまでもない。

また、低中速をさらに伸ばすためのギミックが独自の可変バルタイ移植プラン。日産純正のNVCSを(位相30度タイプ)をインテークに組み付けるのが定番だ。この車両は、エキゾーストにもNVCSを組み付けているが、あまりにも手間(=コスト)がかかりすぎるため、こちらは現状メニュー化の予定はないという。写真はコントロール用の油圧ソレノイドと製作中のエンジンのものだ。

そしてタービンには、インターセプトポイントを3000rpmとしながら600psを狙えるチタンシャフトの試作モデルをセットする。

ちなみに、ちょっとした部分でライジングがオススメするのが、パフォーマンスダンパーを使ったタワーバーだ。適度な剛性に加え、振動の吸収により快適性が大きく高まるという(ナイトペイジャー製)。

また、高価だけれど効果満点で、ストリートマシンに進めたいというのがオリジナルのサイドタンク式ラジエター+水冷オイルクーラーのセット。このパーツを使用してから夏場の渋滞でも水温&油温を気にすることがなくなったという。

なお、シンプルなインテリアの中で存在感を示す3連のミラーメーターもライジングのオリジナル。

このように、ピークばかりを追求せずに実用域での使い勝手や官能性をトコトン追求するのが、ライジングのRB26チューンなのである。

スペック

■RB26DETT改3.1L(560ps/7000rpm・67kgm/5000rpm/ブースト圧1.0キロ時) TD改オリジナルチタンシャフトタービン ライジングオリジナル3.1L仕様(RDクランク改/オリジナルコンロッド/89φピストン/アッパーデッキ) ポート拡大加工/燃焼室スキッシュレス加工 レイマックスカムシャフト(IN&EX:288度 10.5mmリフト) オリジナルチタンマフラー HKS F-CON Vプロ/EVCIII トラスト700mm幅インタークーラー オリジナルサイドタンクラジエター/水冷オイルクーラー ニスモRチューン車高調 F50キャリパー+355mmローター(F) エリーゼキャリパー(R) 他

【関連リンク】

ライジング
http://www.rising-web.jp/

web option編集部

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事