2018年のポルシェは営業利益・売上高・販売台数で過去最高を記録!

2018年、販売台数25万6255台を達成

ポルシェは、2018会計年度の営業利益、売上高、販売台数、および従業員数の新記録を記録したことを発表した。営業利益は43億ユーロ(前年比約4%増)、売上高は258億ユーロ(10%増)、営業利益率は16.6%増(前年比)を記録。販売台数は25万6255台(4%増)、従業員数は9%増(前年比)の3万2325人に達している。また、ポルシェは2023年までに新製品に約150億ユーロの投資を明らかにしている。

電気自動車のラインナップを拡大

「2018年度の魅力的な製品によって、販売台数を再び大幅に増やすことができました。今やポルシェはエモーショナルなガソリンエンジンと高性能プラグイン・ハイブリッドの代名詞となっています。将来的には、純粋なEVシステムでも知られるようになるでしょう」と、ポルシェのオリバー・ブルーメ取締役会会長(写真左)。

現在、ポルシェはEモビリティ分野のラインアップを拡張している。ポルシェ初の完全な電動スポーツカー「タイカン」が9月にデビューし、2020年初頭には派生モデルの「クロスツーリスモ」が続く。将来的には新世代「マカン」にもEVシステムが搭載され、2台目の純EVモデルとなることが決定している。ポルシェは、2025年までに販売台数の半分を電気駆動モデル、もしくはプラグインハイブリッドモデルとする予定だ。

「わずか7年間で従業員数が2倍以上に増員されました。そしてEモビリティがビジネスにおけるもうひとつの原動力となるでしょう。タイカンを生産するために、新たに1500人を雇用しています。ポルシェ初の純粋なEVスポーツカーが新しい時代の始まりを告げることになります。我々はタイカンの成功を確信しています。既報のとおり、2万人以上の人々が真剣に購入を考えており、生産能力を上方すべく調整しているほどです」と、ブルーメは続けた。

パナメーラ、カイエン、911が2ケタの成長率

「ポルシェは2018年に売上高と営業利益の新記録を達成しました。増益は、特に販売台数の増加、製品構成の改善、その他の事業分野や部門のプラス展開によるものです」と説明するのは、ポルシェの財務およびIT担当の取締役会副会長のルッツ・メシュケ。

もっとも大きな成長を示したパナメーラの販売台数は3万8443台(38%増)。会計年度途中にフルモデルチェンジしたにもかかわらず、911も3万5573台(10%増)の2ケタの成長を記録した。カイエンは12%増の7万1458台、マカンも8万6031台と、引き続きSUVモデルが販売台数で大きな割合を占めている。

地域別では中国市場がトップとなり、8万108台(12%増)に達した。2番目に大きな単一市場はアメリカ合衆国で、3%増の5万7202台を販売している。

2018年を上回る成長が見込まれる2019年

「新しいWLTPテストサイクルとガソリンパティキュレートフィルターへの切り替え、さらにディーゼル搭載モデルの廃止によって、今後数ヵ月間が挑戦の時期となるでしょう」と、CFOのメシュケ。いくつかのネガティブな要素にももかかわらず、ポルシェは2019年に販売台数の増加と若干の売上高の増加を見込んでいるという。

「2019年には全世界市場における新世代911の投入、718とカイエンの派生モデルの発売、さらにタイカンのデビューが続きます。電動化、デジタル変革、そして拠点の拡張とリニューアルのための高額の投資にもかかわらず、意欲的な収益目標の達成を確信しています。効率性を強化するための対策と収益性の高い新しいビジネス分野の開拓によって、営業利益率15%の戦略的目標の達成を継続する予定です」と、メシュケは締めくくった。

(GENROQ Web編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事