すべての事業で過去最高! ランボルギーニが2018年の業績を発表

史上初めて販売台数5000台を突破!

アウトモビリ・ランボルギーニは、2018年度(1月1日~12月31日)の業績を発表。販売台数、売上高、利益率の全主要事業が同社55年の歴史で過去最高の数値を叩き出し、新記録を樹立した。

2017年に10億ユーロの大台に乗った売上は、2018年はさらに40%も拡大。10億900万ユーロから14億1500万ユーロに増加した。販売台数も51%増の5750台を記録し、ヨーロッパ、中東・アフリカ、南北アメリカ、アジア太平洋など、全主要地域で記録を更新している。この好調な業績は、主にSUV「ウルス」の発売によるもの。2018年半ばから待望のデリバリーがスタートし、V12モデルの「アヴェンタドール」とV10モデルの「ウラカン」も販売台数を伸ばしている。

Lamborghini Huracan EVO Spyder

ランボルギーニ ウラカン EVO スパイダー

さらなるマイルストーン達成を狙う

アウトモビリ・ランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEOは、絶好調を続ける業績に対して以下のようにコメントした。

「2018年、ランボルギーニはすべての主要事業において新たな金字塔を打ち立てました。同時に初めて販売台数が5000台というを超えています。また、財務業績でも新記録を達成しました。この大躍進は、当社の製品と営業戦略の持続性を証明するものです

「すべては全社一丸となったからこそ達成できたことであり、私たちの歴史あるブランドと伝統に意欲を持って力を尽くしてくれた世界中のランボルギーニ社員、そして信頼と支援を寄せてくれた株主に心から感謝します。今後はさらなる成長とイノベーション、技術における新しい挑戦に向けた準備を進め、新たなマイルストーン達成を狙っていきます」と、ドメニカリは続けた。

Lamborghini Aventador SVJ Roadster

ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ ロードスター

5年前と比較して社員数も70%増加

さらに新規雇用も進み、社員数は2018年末に1750人を突破。2017年と比較して10%増、5年前と比べると70%も増えたことになる。

魅力的な製品ラインアップ、50ヵ国で展開する157店舗もの強力なグローバルネットワークを確保しており、ランボルギーニの経営陣は、2019年も販売台数と売上の両面で明るい見通しを確信している。2019年度も現在の拡大路線が続くと予想しており、持続性と堅実な成長が確信される中期予想と、イノベーションや新技術に対する戦略投資の続行を改めて表明した。

(GENROQ Web編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事