210馬力までターボチューンしたEP91スターレットで陽気なストリートレーサーを表現!

新車からリメイクを重ねるハワイアンストリートレーサー

見た目のみならず心臓部も210psまでパワーアップ!

ハイパワーなハッチバックが好みというオーナーが、EP91型スターレットの最終型を新車で購入。峠からサーキット遊び、スポコンメイクと様々な変遷を経て現在の極低ハワイアンストリートレーサースタイルに至ったそうだ。

特徴的なエクステリアは、バリスやライブスポーツ等のメーカーエアロをミックスして構築。アクセントとして、バンパーとフェンダーの接合部はアルミプレートとリベットで補強しているのも面白い。

ボディカラーはマイアミブルーで、それに合わせウインドウにイエローフィルムを貼ってハワイアンなイメージを作り上げている。

ホイールはXXRの522で、8J±0という強烈なサイズをインストールするためにフェンダーを前後とも叩き出し加工が施された。それでも走行時の干渉が懸念されたため、165/50サイズのタイヤを引っ張り装着。フルストローク時にもフェンダーと接触しないギリギリを狙ったのである。その他、マフラーやフロアまわりも徹底したシャコタン対策が施されている。

スペアタイヤもディスプレイこだわり、ディスクやキャリパーを組み合せてレイアウト。しかも、スペアタイヤラックはウーファーボックスも兼ねるなど、ギミックにも事欠かない。美しく見せるために、むき出しのパネルを塗装し配線類はすべてボディパネルの内側に隠している。

そんな数々の魅せ要素だけで終わらないのが、このEP91のすごいところ。パワーユニットをJAMレーシングのコンプリートエンジン(ブリッツK1-200Vタービン仕様)を換装して、210psまで大幅にパワーアップ! 見た目はナンパな仕様に見えて、その実は硬派なホットハッチというわけだ。

web option編集部

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事