RX-7(FD3S)で前代未聞の最高速322キロを達成! その速さの秘密に迫る!

200マイルオーバーを達成した伝説のFD3S

キモは8000rpmオーバーまでキッチリ追従するパワー特性にあり

そのトルク特性から、レシプロエンジンに比べ最高速では不利と考えられてきたロータリー。しかし、サーキット仕様のFD3Sにわずかな仕様変更を加えたのみで、いとも簡単に最高速度322キロ(OPTION誌の最高速テストにて)を叩き出したのは愛知県の実力派チューニングショップ「REウイング」だ。

最高出力は540psと、今となっては決して驚くほどの数値ではないにも関わらず、200マイルオーバーを可能にした13Bエンジンは、サイドポート加工のみというからさらに驚きだ。

「パワーだけならペリやブリッジの方が確かに有利やけど、耐久性が極端に落ちてしまう。耐久性やバランスの良さを考えると、サイドポート拡大加工が良いかな。削り方は、タービンのエキゾーストハウジング容量に合わせて拡大するのがウチの考え。極端に広げたりはせんよ。つまりタービンサイズとポートをバランスさせてやるってことやね。その辺は、ドラッグの考え方に近いかもしれん。ちなみにアタック時のタービンはT78-33Dの17cmやったけど、アレはたまたま店に在庫があったからで、とくに最高速を狙って装着したわけじゃないよ」と、驚きの事実を淡々と語るREウイング代表の竹尾さん。

そんなFD3Sだが、最高速専用のチューニングポイントもいくつかある。まず駆動系だ。絶版のトラスト製6速ドグミッション(6速ギヤ比=0.780)に3.9ファイナルを合わせて、ハイギアード化を敢行したのだ。これより、6速8000rpmで300キロオーバーする算段がついた。後はいかにエンジンを6速で8000rpm以上回せるかに、照準が絞られることとなる。

「強いて言うならECUのデータやな。最高速向けにアレンジしたんよ。同じ回転数でもギアによってエンジン負荷は変わってくる。そこで6速8000rpmをピークにもっていくセッティングにした。あとは低速からトルクが立ち上がって、それをいかに高回転まで持続させるかというのも大事やね。正直、ドラッグでは常時1万rpm近く回しとるから、8000rpm程度ならまだまだという感じなんやけどね。計測時には恐くてアクセルを踏み切れんかったし、もっと記録を伸ばす自身はあるよ」。

これらパワートレイン系のリファインに加え、足回りもパーツこそサーキット走行そのままながら、アライメントを変更。さらに抵抗となるカナードの取り外しと同時に、フロント車高を下げるためフロントタイヤを外径の小さなものへとスイッチ。リヤのGTウイングも最高速向けに角度を変えるといった、細かな変更は抜かりなく行われていた。

最後に。ロータリーが最高速に向かないという負のイメージに対する竹尾サンの回答はこうだ。

「よく聞く話やけど、僕はそんな事は無いと思うよ。上までパワーが追従するようセッティングが出来ていれば出せるはず。昔はセッティングのツールがしょぼかったから難しかったのかも知れんけどね。今はそんなことない。実際にウチのが出せたんやもん」。

速度計測は小野ビットを使用。小野ビットの計測紙は319.9km/hまでしか印字されないが、小野ビットから出力される速度メーターのほうではキッチリ322キロを表示していた。

アタック号のポート形状は純正サイドポードを拡大する、いわゆる『サイドポート拡大』仕様だ。ポライマリー、セカンダリー、エキゾーストと全てを削るが、そのさじ加減は使用タービンとのマッチングを考えて設定。この辺りはドラッグで培われたノウハウが注ぎ込まれる。

制御はパワーFCとF-CON Vプロの2基がけ。パワーFCはコマンダーでのロギングが可能な上に純正CPなみの補正&制御項目を持っているためその利点を活かし、さらに重要な点火時期や燃調に関しては、マップエリアが広く演算能力の高いVプロを使うのだ。

サーキットでもパワー勝負になってきたため装着したというT78-33D(17cm)タービンは、たまたま店にあったものだとか。13B本体は圧縮8.5の低圧縮ローターに純正3ピースアペックスシールを組み込み、最大ブースト1.4キロで560psを発揮させる。

エキゾーストはフロントパイプ以降を90φのセンターパイプ&マフラーで統一。これらはREウイングオリジナルのフルチタンモデルだ。いたずらにストレート形状にするのではなく、適度なアールを設けることでトルクを確保している。

鈴鹿サーキット仕様に特注されたクラックス製車高調は、最高速アタック時もそのまま使用。フロント16kg/mm、リア18kg/mmというバネレートももちろんそのまま。ただし直進性を高めるべく車高の25mmダウンに、アライメントの変更を実施。

最高速アタック後にサーキット仕様へ戻されたため、現在はカナードが装着されているが、アタック時にはもちろん撤去されていた。ちなみにリヤにはGTウイングが装備されているが「外してテストしたらリヤの接地感が無くなって大変やった!」とのこと。

アタック時のリヤタイヤは265/35-18サイズのアドバンA050でサーキット仕様のまま。フロントのみ外径を小さくして車高を出来るだけ落とし、フェンダーとの干渉を避けるために235/40-17サイズのアドバンネオバを装着した。

取材協力:REウイング

web option編集部

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事