「アストンマーティン AM-RB 003」公開! V6ハイブリッドを搭載するハイパーカー第3弾

ASTON MARTIN AM-RB 003

アストンマーティン AM-RB 003

ヴァルキリーの流れを汲む第3のハイパーカー

アストンマーティンのハイパーカー戦略が、ますます積極的なものになってきた。今年のジュネーブ・ショーでワールドプレミアされた「AM-RB 003」は、予てから公表していた「プロジェクト003」の正式版。現在も最終的な開発が進む、ヴァルキリー、ヴァルキリーAMR Proに続く第3のモデルとしてリリースされる。ジュネーブでは発表はなかったが、このAM-RB 003もまた、将来的には限定車として発表され、その段階ではすべてがソールドアウトというインフォメーションが我々には告げられることになるのだろう。

AM-RB 003のデザインは、ヴァルキリーと同様に革新的なデザインを追求することと、高性能を両立させることを重視したものだ。ディテールのいくつかは、ヴァルキリーから受け継がれたものとも見えるが、それはレッドブル・レーシングのデザイナー、エイドリアン・ニューウェイと、ヴァルキリーの開発をともに行い、そのノウハウやデザインに対する姿勢が反映されたことが理由としては大きいという。

次世代航空機にも採用される「FlexFoil」

AM-RB 003のボディで採用された技術で最も興味深いのは、FlexFoilと呼ばれる次世代航空機に採用されるモーフィング・テクノロジー。翼の全体を滑らかに変形させながら飛行するという、NASAによる検証済みの最新鋭技術をアストンマーティンは自動車メーカーとして初めて採用。エレメント全体の物理的な角度を変えることなく、車体にかかるダウンフォースを変化させるほか、ノイズや乱流、空気抵抗の増加といったネガティブな要素も解消することが可能になる。

ヴァルキリーと比較するとAM-RB 003のキャビンは、かなりのゆとりを感じさせるものだ。もちろん、ロードカーとしての快適性や機能性を向上させるため、ドアはルーフセクションも同時に前方に開くデザインを採用、センターコンソールやリアのラゲッジスペースなども十分な広さが確保されている。コクピットの基本デザインは、ドライバー、ステアリング、そしてペダルの中心を一線で結ぶアペックス・エルゴノミクス。インフォテイメントシステムに、カスタマー自身のスマートフォンを利用するなど、いかにもハイパーカーらしい割り切りも興味深い。

「V6ターボ+ハイブリッド」を搭載。

搭載されるエンジンは、アストンマーティン自身が開発、生産するV型6気筒ターボ。これにハイブリッドシステムを組み合わせる計画だ。またこのエンジンには、これまでアストンマーティンがカストロールと共同開発を進めてきた、カートリッジ方式のシーリング・オイル・システム「Nexcel」が搭載され、オイル交換を90秒以内で可能とするほか、交換されたオイルはその後、精製されて再利用できる。

ヴァルキリー直系のハイパースポーツともいえるAM-RB 003。そのデリバリーは2021年の後半にはスタートする計画であるという。アストンマーティンの攻撃的なニューモデル戦略は、まだまだ終わるところを知らない。

REPORT/山崎元裕(Motohiro YAMAZAKI)

(GENROQ Web編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事