これがポルシェの社用車? ターコイズをまとったたった1台の911

Porsche 911 Carrera 3.2

ポルシェ911 カレラ3.2

ダークブルーのベースにターコイズのアクセント。

今回紹介する「ポルシェ911 カレラ3.2」は、1984年に当時のポルシェAG社長付きアシスタント用の社用車として造られた。この目の覚めるようなエクステリアとインテリアを持つ911は、唯一無二の1台を仕上げる「ポルシェ エクスクルーシブ(1986年スタート)」の先駆けとも言える存在だ。

写真では伝わりにくいかもしれないが、この911は光によってその印象を変える。ダークブルーのベースに、アクセントカラーが加えられているのだ。フロントバンパーからドアシル、リヤバンパー、Aピラーからレインガター、そして大型スポイラーまで、淡いターコイズブルーを纏っている。このターコイズブルーのアクセントは、特徴的な「フックス アロイホイール」にも加えられた。

シュルツ社長付きアシスタントを勤めていた男。

このセクシーな911と33年ぶりの邂逅を果たしたのは、御年74歳のティルマン・ブロドベック(写真)。彼は1984年初頭から、1985年の夏までこの911のステアリングを握っていた。当時、彼はピーター・ヴェルナー・シュルツ社長のエグゼクティブアシスタントを務めていた。

ブロドベックは1970年にヴァイサッハでボディテスターとしてキャリアをスタート。その後、開発センターで10年間を過ごした。彼はエアロダイナミクスのエキスパートとして「カレラRS 2.7」用のダックテールリヤスポイラーや、911のフロントスポイラーを設計。特に911用フロントスポイラーは、当時ツーリングカーレースにおけるライバルだった「フォード・カプリ」を打ち負かすために導入されたものだ。

彼がエアロダイナミクスに次ぐ情熱を傾けていたのがカスタマイズだった。彼は自身に与えられた社用車を、魅力的にアップデートしたようと思いついたのである。

「ポルシェ エクスクルーシブ」の先駆けとも言える独自のモディファイ。

ポルシェは1978年、顧客からの特別なリクエストに応える「パーソナライゼーションプログラム」部門をスタートしたが、オーダーメイドの需要が世界的に高まるまでには1986年まで待たなければならなかった。1986年から「ポルシェ エクスクルーシブ」に名称を変更、現在は「ポルシェ エクスクルーシブ マニュファクチャー」と呼ばれている。

1980年、ブロドベックは月額1000マルクまで利用できた車内割引を目一杯使って「911ターボ3.3」をリースで購入。当時、彼は非常に珍しかったパールホワイトメタリックというカラーをチョイスした。そして、1984年に社用車が選べる立場になったとき、「当時ポルシェのチーフデザイナーを務めていたアナトール・ラピーヌと何か特別なことをしよう」とブロドベックは思いついたという。

彼らのアイデアは、ダークブルーメタリックの「911カレラ」にターコイズブルーを加えることだった。彼は懇意にしていたビーティッヒハイムの「エヴァルト・レンプファー(Ewald Rempfer)ペイントショップ」に頼み込んだ。このペイントショップは、ユニークな塗装のリクエストにも応えてくれることで有名だったのだ。

インテリアからラゲッジまですべてターコイズに統一。

「プライマーを塗ったあと、911を生産ラインから外して、パネルバンで塗装工場に運びました」と、ブロドベックは懐かしそうに目を細めた。

「最初にベースカラーのダークブルーを塗って、次にハイライトのターコイズを仕上げました。塗装工場にはポルシェのデザイン部門でカラーや素材を専門としていた、エンジニアのレインホールド・シュライバーが来てくれて、ペインターにフリーハンドでどのように塗装すればいいのか、正確な指示を出してくれたんです」

すべてのペイントが終了し、クリアコートが吹き付けられたあと、たった2日間塗装工場に置かれ、インテリアの工程に進むためファクトリーに戻された。

ベルベット製カーペットはウンターリーシンゲンの「マポテックス(Mapotex)」、インテリアとフロントラゲッジルームのレザートリムはヴュルツブルクの「SCシェーファー( SC Schafer)」が担当。サンバイザー、スイッチやボタン類もすべて、微妙な色調整が行われ、ターコイズブルーに統一された。

イタリアでは「Bella macchina!」と賞賛も。

彼は、この特別な社用車を約1年間ドライブした。

「とにかくこのターコイズカラーが目立ちましたから、私は嬉しくてどこにだって出かけていったものです。最初のドライブはフュッセンへの旅でした。その後も国境の検問所に並んでいると、反対車線からやってくる人たちが『グッドラック!』と声をかけてくれましたよ(笑)」

彼は幾度となくイタリアのスキーリゾート「パッソ・デッロ・ステルヴィオ」を訪れたが、たびたび「Bella macchina!(なんて素敵なクルマなんだ!)」と声をかけられたという。 「丘を降りる途中で、このカレラはブレーキがオーバーヒートしなかった唯一のクルマでした」と笑顔で付け加えた。

「ポルシェ エクスクルーシブ」のトップに就任。

ブロドベックは5名の社長のアシスタントを務めたあと、「ポルシェ エクスクルーシブ」責任者に就任した。つまり趣味だったことがフルタイムの仕事となったというわけだ。そして、彼のお気に入りの社用車はスウェーデンへと渡っていった。その時点で4万kmの走行距離を記録していた911は、1986年7月にスウェーデンで登録。31年間、北欧にとどまり、ふたりのオーナーがそれぞれ6万km使用している。

2017年、ビーレフェルト出身のポルシェ・コレクター、ロニー・パンホルストがこのクルマを発見。彼はポルシェ・コレクターでもある友人のフランク・トロッシュに相談する。実はトロッシュは17歳の時に、このクルマに出会っていたのだ。

「私の父は工業用プラスチックをポルシェに納品する会社に勤めていました。そしてティルマン・ブロドベック氏と友人同士だったのです。彼はよく、ニュルンベルクの私たちを訪れるために、あのクルマをドライブしてきたものです」と、トロッシュは目を細める。彼はパンホルストに、すぐにアドバイスした。「このクルマを買いなさい。これは、夢のようなストーリーをもった、1台限りのクルマだ」と。

「ポルシェ・クラシック」で新車当時の面影を取り戻す。

パンホルストの美しいガレージに入庫する前に、フライベルクの「ポルシェ・クラシック」において、完璧なレストアが行われた。すべてのフルードとフィルターの交換、車高やバランスの調整。ブレーキホースやその他のゴム製パーツの交換、電気系統のチェック。そして、脆くなったシール類の交換など、この車齢の911であれば必要とされる修復メニューだ。ただ、30年以上を経ているにも関わらず、非常に素晴らしいコンディションに整えられており、すぐに新車当時の美しい面影を取り戻した。

2013年に空冷911を専門とするファクトリーを立ち上げたパンホルストは、このクルマのコンディションの良さを説明する。

「最後のオーナーがかなりの高齢者だったこともあって、ここ数年はほとんど運転されていなかったんです。1991年にブリヂストンSF350タイヤを装着していますが、今もまったく問題ないコンディションにありましたから」

「ポルシェ・エクスクルーシブ」のトップとして、「ポルシェ・オブ・ジル・サンダー(Porsche for Jil Sander)」やスイスの著名な家具デザイナーのカルロ・ランパッツィのために鮮やかなオレンジ色の911ターボ・カブリオレを手がけたブロドベックは、「今見ても、このターコイズカラーは素晴らしい」と、感慨深げに語った。そして、久しぶりに空前絶後の社用車のステアリングを握り、しばらくシートで思い出に浸っていた。

(GENROQ Web編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事