モータースポーツ史に残る「9」。コンチネンタルGTにベントレー100周年記念モデル登場!

Bentley Continental GT Number 9 Edition by Mulliner

ベントレー・コンチネンタルGT ナンバー9エディション by Mulliner

モータスポーツ界における栄光の歴史からインスパイア。

ベントレーは2019年の創業100周年を記念し、究極のコレクターズバージョンと言える「コンチネンタルGTナンバー9 エディション by Mulliner」をジュネーブ・モーターショーにおいて発表した。

モータースポーツにおいて数々の栄光を残したきたベントレーの歴史にインスパイアされたこのモデルは、特別なデザインを随所に散りばめたラグジュアリーグランドツアラー。100周年の今年、英国クルーにて「コンチネンタルGT」をベースに、ベントレーのビスポーク部門である「マリナー(Mulliner)の手で、わずか100台が製作される。

ベントレーボイーズ、バーキン卿へのオマージュ。

「ナンバー9 エディションby Mulliner」には、1920年代から1930年代にかけて「ベントレーボーイズ」として活躍したヘンリー・ラルフ・スタンレー・“ティム”・バーキン卿へのオマージュが込められた。ベントレーのカスタマーであると同時に、投資家やレーシングドライバーとしての顔ももつバーキン卿は、起業精神と野心に溢れた人物として知られている。その彼が勝利を確信して製作したマシンこそが、4.5リッターエンジンを搭載する「ブロワー」だった。

スーパーチャージャーを搭載し、「No.9」を掲げた「ブロワー」は、1930年にバーキン卿がル・マン24時間レースに参戦したときのマシン。この時採用されたスーパーチャージャーは、フリーエンジニアだったアムハースト・ヴィリヤースとバーキン卿が共同開発。バーキン卿の依頼に基づいて、スーパーチャージャーを搭載する4.5リッターエンジンのベントレーが何台か製作されている。

スーパーチャージャーの搭載により、約110馬力の出力は175馬力へと増大。当時、圧倒的な存在感を放ったこのグリーンを纏うベントレーは、戦前の「レーシング・ベントレー」を代表する名車となった。

1930年式「ブロワー」のデザインに倣ったインテリア。

「ナンバー9 エディション by Mulliner」のフロントグリルで目を引くのは、「No.9」のバッジと、そのバッジにマッチした大胆なグラフィックだろう。エクステリアカラーはビリジアングリーンとベルーガブラックの2色が用意され、21インチ10スポークホイールもエクステリアカラーと同じ2色から選択できる。また、「ブラックラインスペシフィケーション」や「カーボンボディキット」も用意される。

インテリアのレザーハイドは「カンブリアグリーン」と「ベルーガ」の2種類。シートやインナードアパネルなどの光沢は、ベースよりもさらに輝きをましている。ヘッドレストとドアパネルには、1930年式「ブロワー」のドアパッドのデザインにならい「B」の文字がデボス加工された。

実際の「No.9」から回収された木片を採用。

センターコンソールに目を移すと、独創的なダッシュボードに「エンジンスピン」と呼ばれる模様があしらわれた。この模様は「ターンドアルミニウム(Turned Aluminium)」と呼ばれ、光の反射を抑える効果があることから、1920年~1930年代にかけてレーシングマシンや航空機によく用いられていた。

センターコンソールでは、英国イエーガー製メーターも存在感を放つ。このメーターは往年のNo.9「ブロワー」のメーターからインスピレーションを得て、マリナーとイエーガー社が共同開発。当時のレーシングカーに採用されていたメーターと同じ伝統的な製造方法が採用されている。

コンチネンタルGTで初採用された画期的なローテーションディスプレイには、1930年にバーキン卿と共にル・マンを走った「No.9」のレストアの際、運転席から回収された木片が組み込まれた。樹脂で覆われた木片はローテーションディスプレイ中央にライトで浮かび上がるように配置されている。わずか100台のみに、与えられた特別なマテリアルだと言えるだろう。

(GENROQ Web編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事