コンチネンタル EcoContact 6 発売。新世代コンパウンド技術を採用。

Continental EcoContact 6

コンチネンタル エコ・コンタクト・シックス

地球10周にもおよぶ距離を走破した開発テスト。

コンチネンタルタイヤ・ジャパンは、次世代のコンパウンドテクノロジー 「グリーン・チリ2.0」を採用したハイパフォーマンス・エコタイヤ「EcoContact 6(エコ・コンタクト・シックス)」を2019年3月から発売する。ライアップは14〜18インチまでの31サイズとなり、今後もサイズの追加を予定。価格はオープンプライスとなっている。

「EcoContact 6」は、自動車メーカーからの厳しい目標を達成するだけでなく、より環境に配慮した製品を求めるユーザーのために開発。コンチネンタルの研究開発部門は、課題達成のために様々なタイヤテストを実施し、その総走行距離は地球と月の距離にあたる約40万km(地球10周分相当)にも及んだという。

過酷な環境での試験をクリアして登場した「EcoContact 6」は、3つの相反する性能である「ウェットブレーキ性能」「転がり抵抗」「耐摩耗性能」を非常に高いレベルで向上させた。現在28サイズ・40アイテムが欧州タイヤラベリング制度において、「ウェットブレーキ性能、転がり抵抗」ともに最高グレードの「A/A」を獲得している。

新世代コンパウンド技術 「グリーン・チリ 2.0」を採用。

今回、「EcoContact 6」には、新世代コンパウンド・テクノロジー 「グリーン・チリ 2.0」を採用。新しいコンパウンド配合技術と革新的な添加剤、ポリマーの高い柔軟性の組み合わせにより、タイヤの転がり抵抗、ドライ/ウェットブレーキ性能、ロングライフが大幅に改善された。

さらにタイヤのコンパウンドやコンポーネントとサイズのバランスを最適化することで、様々な路面状況に対応できるようになった。この結果、路面とトレッドとの間の摩擦が低減され、タイヤの転がり抵抗と燃費が改善されている。

回転によるタイヤの変形を抑制し、燃費性能が向上。

「EcoContact 6」は、シリカの含有率を高め、均一に分散しやすく改善されたハイテクコンパウンドを採用。このハイテクコンパウンドとは、「オプティマイズド・ポリマー・ネットワーク」により、シリカからゴム間を非常に強く結合する。一般的に、トレッドコンパウンドは走行時に変形し、タイヤの転がり抵抗に影響を与えるが、オプティマイズド・ポリマー・ネットワークが回転によるタイヤの変形を抑制することで燃費性能が大幅に向上した。

新しく開発された添加剤が、ブレーキ性能を向上させると同時に優れたロングライフを維持。また、 ポリマーの高い柔軟性がトレッドを路面状況に柔軟に適応させることで耐摩耗性能が向上、ドライ/ウェットのあらゆる路面状況下において高いグリップ性能を発揮する。この結果、ブレーキング時に安全な制動距離を実現するという。

「EcoContact 6」モニター・キャンペーンを実施!

「EcoContact 6」の日本発売に伴い、コンチネンタルは体験モニターキャンペーンを3月14日まで実施する。その安全性、燃費性能、ロングライフ性能を体験できるモニターを6名募集。当選者には「EcoContact 6」が1セット(4本)提供され、指定日までに2回のインプレッションレポートを提出する。

応募条件は次のようになっている。

モニター後、レポートを2回、自身で撮影した「EcoContact 6」の装着車両の写真と一緒に指定期日までに提出可能なこと。レポートとは別に依頼があった場合、コンチネンタルが指定したメディアの取材に応じることができること。提出したレポートや取材記事(顔写真・名前等を含む)を、ウェブサイト、SNS、販促ツールなどへ掲載が可能なこと。自身のSNSアカウント(Facebook、Instagram、Twitterなど)で感想を投稿できること、としている。

応募方法は、PCやスマートフォンなどからキャンペーンサイトにアクセスし、応募フォームより必要事項を入力して完了。

【キャンペーン概要】
開催期間:2月21日(木)〜3月14日(木)
当選者:6名
当選発表:3月末予定、当選者に直接連絡

(GENROQ Web編集部)

【関連リンク】
・「EcoContact 6」モニターキャンペーンサイト

コンチネンタルタイヤ・ジャパン TEL  076-259-6560
https://www.continental-tire.jp

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事