ボルボ90シリーズに「安全・運転支援機能」を追加可能なソフトウェアを発売。

VOLVO V90

ボルボ V90

16~18年式「90シリーズ」がアップグレードの対象に。

ボルボ・カー・ジャパンは、2016~2018年式「90シリーズ」(S90、V90、V90 Cross Country、XC90)向けに、先進安全・運転支援技術の最新機能4種を追加できる、アップグレードソフトウェアを発売した。

このソフトウェアの導入により追加できる先進安全・運転支援機能は「ランオフロード・ミティゲーション」(道路逸脱回避支援機能)、「ステアリング・アシスト付BLISTM」(後車衝突回避支援機能付ブラインドスポット・インフォメーション・システム)、「オンカミング・レーン・ミティゲーション」(対向車線衝突回避支援機能)、「City Safety対向車対応機能」の4つ。

「XC90(2016〜2017年式)」と「S90/V90/V90 Cross Country(2017年式)」を対象とするのは、以下の3機能。価格は工賃・税込みで9288円となる。

「ランオフロード・ミティゲーション」

「ランオフロード・ミティゲーション」は、道路から逸脱するようなステアリング操作が行われたことを検知すると、ステアリング操作に介入するとともに必要に応じて元の車線に戻すためのブレーキ制御も行う。

「ステアリング・アシスト付BLIST」

「ステアリング・アシスト付BLIST」は、後方から近づく車両を知らせる「BLIS」作動中に車線変更や自車線からの逸脱により、隣接車線を走行する車両と衝突する危険性が生じた場合、ステアリングを修正。衝突回避をアシストする。

「オンカミング・レーン・ミティゲーション」

「オンカミング・レーン・ミティゲーション」は、ドライバーが意図せずに対向車線に侵入し、衝突の危険性が高い場合にステアリング操作を補い、衝突回避をアシストする。

「City Safety対向車対応機能」

「XC90(2016〜2018年式)」と「S90/V90/V90 Cross Country(2017〜2018年式)」を対象とするのが、「City Safety対向車対応機能」だ。対向車線から自車線へ進入してきた対向車の接近を検知。衝突を回避できない場合、衝突による被害を最小限に抑えるべく、ブレーキを作動し、被害を軽減する。価格は工賃・税込みで9288円。

(GENROQ Web編集部)

【関連リンク】
ボルボ・カスタマーセンター TEL  0120-922-622
https://www.volvocars.com/jp

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事